●小学校のテストはある日突然おこなわれる

 

中学校や高校には定期テストというものがあります。

例えば、中間テストや期末テストです。

これらは定期的におこなわれるテストであり、日にちが前もってはっきり決まっています。

 

小学校には定期テストがありません。

小学校のテストは不定期であり、そのほとんどが単元テストです。

つまり、ひとつの単元が終わったときにおこなわれるテストです。

わり算の単元が終わればわり算の単元のテストが、ごんぎつねが終わればごんぎつねのテストがおこなわれます。

同じ学年でもクラスによっておこなわれる日が違います。

 

●ちょっとでも準備をしておけば…

 

「明日、わり算のテストをします」というように、先生からいきなり告げられます。

あるいは、「今からわり算のテストです」と抜き打ち的におこなわれる場合も少なくありません。

この場合、親は、テストが終わってから「え? 今日テストやったの?」と知ることになります。

 

いつテストがあるのかわからないまま、いつの間にかテストが行われて、気づいたらひどい点数……。

親としては、「ちょっとでも準備しておけば、もう少しよい点を取らせてあげられたのに…」と思うことも多いはずです。

 

●予定帳に同じ単元が5〜6回出てきたら、そろそろテスト

 

でも、本当は、ほんの少し気をつけているだけで、単元テストの時期は予測できるのです。

注目してほしいのは子どもの予定帳です。

予定帳には、翌日の授業の科目と単元が書かれています。

「1時間目 算数 わり算」「2時間目 国語 ごんぎつね」というようにです。

 

予定帳に、同じ単元が5〜6回出てきたら、その単元は終わりに近づいています。

つまり、もうすぐ単元テストがおこなわれるということなのです。

 

●音読とクイズでテストの準備

 

親がそれに気づけば、ちょっとした準備をすることが可能になります。

教科書のその単元を音読しておくだけでも違います。

特に、社会、国語、理科では教科書の音読は効果的です。

 

また、教科書を見ながら、三択クイズ、○×クイズ、穴埋めクイズなどを手作りしてあげることもできます。

こういうクイズ形式にすると、子どもの食いつきがよくなります。

さらに一歩進めて、子どもにクイズを作らせてママやパパが解く、というようにすると効果抜群です。

 

クイズを作るためには、教科書をしっかり読んで理解しなくてはなりません。

それがテスト勉強にもなるのです。


つづく
http://mamanote.jp/news/6922

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP