今回の相談
 
 漢字が苦手な長男にDSで勉強させていたら、夫に「ちゃんと書き取りノートに書いて勉強しなきゃ効果はない」と言われました。「こういうものは、そのときは覚えたつもりになってもすぐ忘れてしまうから学力はつかない」とも言われました。
 やはり効果はないんでしょうか? あっても限定的なのでしょうか? (ぱむぱむ さん:小学5年生男子)


【親野先生からのアドバイス】

ぱむぱむさん、拝読いたしました。

たしかに、旦那さんのように「効果はない。学力はつかない」と言う人はけっこういます。でも、私は電子機器の学習ソフトには効果があると思いますし学力もつくと思います。

もちろん万能ではありませんので特定の学力に対しての効果ということになります。でも、そもそも万能な学習方法などというものはありませんし、どの学習方法も効果は限定的です。
音読・書き取り・計算プリント・ドリル学習・問題集・読解ワーク・単元学習・討論・自由研究など、学習方法は何百もありますが万能なものなどひとつもありません。
どの学習方法も特定の学力を伸ばすものですし、それによって伸ばすことのできない学力もあるわけです。ですから、どの学習方法もその効果と限界を知ったうえで、最大限有効に活用することが必要なのです。学習ソフトによる学習も同じです。

昨今では、パソコンやDS以外にも、Wii、iPad、スマートフォン、電子辞書などいろいろな電子機器が普及し、それに対応した学習ソフトもたくさんあります。私はこれらによって新しい学習方法が確立されつつあると積極的に評価しています。
はっきり言えば、人類史上かつてないほどの学習方法の大革命が静かに進行しているとすら思います。
それは、ITによって私たちの生活の仕方も社会の在り方も革命的に変わりつつあるのと同時進行なのです。

ひと言で学習ソフトと言っても、機器やソフトの種類によって学習方法もいろいろです。でも、共通しているのは紙と鉛筆だけの学習では不可能な多種多様な工夫がなされているということです。
ドリルを楽しく繰り返す工夫があったり、クイズやパズルで考えさせたり、ストーリー展開で興味を持たせたりなど、いろいろな工夫がされています。
親子や友達で競争したり、昨日の自分と競争して新記録を目ざしたりすることもできます。ポータブル機器なら、いつでもどこでも5分の隙間時間に学習することもできます。
文字情報だけでなく、効果音や人間の声、写真やイラストの画像、実写やアニメの動画などを駆使して目と耳に働きかけてきます。手やタッチペンで書き込んだり、声に出して回答したり、全身を動かして反応したりするものもあります。これらによって楽しさも増しますし、忘れにくくなるということが言えます。紙と鉛筆だけの学習ではあり得ないことです。

問題に解答したとき正解不正解の結果がすぐにわかります。それで即時確認の原理が働き、正解のときは喜びが増し、不正解のときは強く印象に残って記憶の定着につながります。
自分の学習進度や到達度がモニターできるようになっているソフトもあります。つまり、今何級とか、何ステージとか、何年生レベルなどのように自分の現在位置がわかるのです。それが「3級をクリアしたから2級を目ざすぞ!」「もっとレベルを上げたい」というモチベーションにつながります。これは目標の「見える化」であり、学習を継続していくうえでとても大切なことです。
↓↓↓↓↓
つづく

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP