今回の相談
 
通信教材をやっているのですが、わからないところの答えをこっそり書き写して丸にしていたことが発覚しました。それで、「ずるはいけません」と叱ったところ、本人が「だってわからないんだもん」と言い訳したので、よけいに怒ってしまいました。(キッズXP さん:小学5年生男子)


親野先生からのアドバイス

キッズXPさん、拝読いたしました。
これは、まあよくあることですね。子どもには、さっさと終わらせて早く好きなことをしたいという気持ちが常にありますから。
これを防ぐには、親が答えの冊子を預かっておくようにすればよいわけです。そうすれば、答えを書き写すことはできません。
あるいは、親が発想を変えて、条件付きで「答えを見てやるのもOK」にする方法もあります。それについて詳しく紹介します。

私は、大学受験のときも教員採用試験のときも、問題集を使うときは次のような手順で勉強しました。皆さんもいろいろな試験勉強でそうしてきたはずです。

1.まず自力で問題集の問題を解きます。
2.わからないところは、テキストや教科書を見ながら考えて答えを書きます。
3.それがめんどうで、わからないままにしておくこともよくありました。
4.そして、丸つけをして合っていればそれで良し、間違えていれば直します。
5.直しながら考えたり頭に入れたりします。
6.わからないままだったところも、答えを見ながらあるいは書き写したりしながら考えます。そして、頭に入れます。

この中で特に大事なのが2.と5.と6.です。これらのところで力がつくのです。そして、これが自力学習の一般的なやり方です。

ところが、なぜか、小学生は6番目の手順が許されていません。学校の宿題でも通信教材でも、小学生がこれをやると叱られます。
これは、考えてみれば不思議なことです。勉強になって力がつくやり方をしてはいけないと言われているわけですから。
それに、そもそも勉強が苦痛に感じられるのはわからないことが出てくるときです。わからないことをずっと考えるのはたいへんなストレスです。そして、わからないところがそのまま残ってしまうのもストレスです。
6.の手順があれば、そのストレスが緩和されます。しかも、答えを見ながらあるいは書き写したりしながら考えたり記憶したりするのはとても良い勉強になるのです。
ですから、私は、この6番目の手順をもっと積極的に肯定したほうが良いと思います。つまり、正しい手順として採用するのです。

その際大事なのは、6.の手順の意義がわかるように話してあげることです。それでないと、ただやたらに丸写しするだけになってしまいます。ですから、子どもに次のようなことを話してあげてください。
↓↓↓↓↓
つづく

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP