今回の相談
 
親野先生の楽勉の考え方に感銘を受けた夫が、学習マンガを10冊買ってきました。

でも、子どもは一、二冊読んだだけであとは読もうとしません。それで、夫は「読まないともう本を買ってやらないぞ」みたいなことを冗談半分ですが言い出しました。それもどうかと思うのですが……。(ワンポイント さん:小学3年生男子)


 【親野先生からのアドバイス】


ワンポイントさん、拝読いたしました。

こういう話が私の耳にもけっこう入ってきます。
あるお父さんは小学5年生の息子に電気工作のキットを買ってきました。でも、息子は箱を開けて中身を見ただけで拒絶反応を示しました。お父さんは、「せっかく楽勉で電気の勉強を得意にしてやろうと思ったのに」と嘆いています。
あるお母さんは、子どもを本好きにしようと1日おきに図書館に連れて行きました。子どもは近所の友達と遊びたいという気持ちが強かったのですが……。
お母さんはそれも知っていましたが、1日おきなら友達とも1日おきに遊べるから大丈夫と思っていたのです。その結果、子どもは本そのものが嫌いになってしまいました。

これらの例は、いずれも親のほうにちょっとした勘違いがあると思います。
そもそも、楽勉とは生活や遊びの中で楽しみながら知的に鍛えることです。楽勉の「楽」には、楽しいという意味と「らく」という意味があります。
そして、その主体は子どもです。つまり、子ども本人が楽しくて「らく」と心から感じていることが絶対条件です。親が、「子どもも楽しいだろう。『らく』だろう」と思っても本人がそう感じなければ楽勉ではありません。

それでも親が強制すると、もはやそれは楽勉でなく苦勉です。苦しくて苦労してやる苦勉です。そして、苦勉には弊害がたくさんあります。
歴史の学習マンガを読みたくない子に、無理に読ませれば歴史が嫌いになります。電気工作を無理にやらせれば電気の勉強が嫌いになります。友達と遊びたい子を無理に図書館に連れて行けば本が嫌いになります。当たり前のことです。

子ども本人が心から楽しくて「らく」と感じるという、楽勉の絶対条件を常に頭に入れておいてください。
もちろん、親が「この楽勉はよさそう」「これは効果がありそう」「これをやらせてみたい」というものを紹介したりトライさせてあげたりするのは良いことです。良いどころか、ぜひやってほしいと思います。
でも強制はいけない、ということを言いたいわけです。この辺りのバランスが必要です。

我が子に良さそうな楽勉を紹介したりトライさせてあげたりするのは、大人である親にしかできません。子どもが自分でそれを見つけるのは無理です。子どもの世界は非常に狭いものであり、身の回りにあるものしか目に入りません。ですから、自分から世界を広げることは難しいのです。
それに対して、大人はいろいろな情報を得ることができます。メールマガジン、ブログ、本、雑誌、新聞、書店、おもちゃ屋さん、専門家やママ友達の話などから楽勉に関するいろいろな情報を得ることができます。
ですから、親が紹介したりトライさせてあげたりすることは大切なことです。それによって、今までまったく縁がなかったことに興味を持ったりいろいろな知識が増えたりします。子どもの新しい可能性が開けるのです。

でも、このとき大事なことを忘れないでほしいのです。それは子どもの反応をよく見て理解し、子どもの気持ちを尊重するということです。
 ↓↓↓↓↓
つづく

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP