今回の相談
 
娘が4年生のとき、担任の先生と馬が合わず、良いところを見てもらえず叱られることばかりでした。それで、何事にもやる気をなくし、すごくがんばっていたピアノもやめてしまいました。

6年生になった今、娘は元気にやっていますが、親の私はすっきりしていません。あのときピアノをやめずに続けていたら今頃は……などと思う気持ちもあります。親として、その担任を恨む気持ちが抜けません。(カピバラ さん:小学6年生女子)


【親野先生からのアドバイス】

カピバラさん、拝読いたしました。

たしかに、先生と子どもの馬が合わないことはあります。先生のほうで、馬の合わない子どもには意識的に気を配る必要があります。そういう子とは意識的にコミュニケーションを図り、優しい声掛けをし、良いところを見つけ出してほめることが大切だと思います。
意識的にそうしている内に、だんだん良い関係ができてくることはよくあることです。自然に任せているだけでは、一部の子たちと大いに親密になる一方で、かなり疎外感を持つ子どもたちも出てきてしまいます。
このことは、担任と子どもの関係だけでなく、親と子の関係についても当てはまることです。たとえ親子でも、馬が合わないことはあるのです。それは人間関係の組み合わせにおける確率の問題であり、めずらしいことではありません。
ですから、親も自然に任せているだけではいけません。馬が合わないと感じる子とは、意識的にコミュニケーションをはかることが大切です。

さて、ご相談のカピバラさんはこれからどうしたらよいでしょうか?
私は、はっきり言って、いつまでも恨む気持ちを持っていても仕方がないと思います。仕方がないどころか百害あって一利なしだと思います。

親がそういう気持ちを引きずっていると、子どもにも影響が出ます。
人を恨む気持ちや過去を悔やむ気持ちは、重い荷物のようなものです。それは、心全体を重くします。それは、自分のためにも子どものためにもなりません。
あの先生のせいでこうなってしまった……。
あの人のせいでうまくいかなくなってしまった……。
ああいうことがあったせいで……。

常にそういう気持ちでいると、何をやってもうまくいかないような気がしてきます。心全体がマイナス思考になっていくのです。そして、何かうまくいかないことがあるたびに、またすべてをそのせいにするようになります。悪循環が始まってしまうのです。人生の巡り合わせで、合わない人と出会うことはあります。まずいことが起こることもあります。でも、それをいつまでも引きずるとよけいにまずいことになってしまいます。ですから、もうきれいさっぱりそのこととは丸ごと縁を切ってください。

私は、誰かにじっくり話を聞いてもらうのも良いと思います。共感的に聞いてくれる人が一番良いでしょう。友達、兄弟、家族、カウンセラー、とにかくたっぷり共感的に聞いてくれる人です。ため込んでいた不満を吐き出して、新しい気持ちになるために聞いてもらうのです。
「私もうこのことを終わりにして生まれ変わりたいから、たっぷり共感的に聞いてね」と宣言してから聞いてもらうのも良いかもしれません。
↓↓↓↓↓
つづく

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP