●鼻づまりで口が開いて口呼吸


小学2年生の担任の鈴木先生(仮名)に聞いた話です。

鈴木先生は最近のはるかさん(仮名)の様子が気がかりでした。

はるかさんはいつも元気いっぱいで、行動もてきぱきしています。

掃除も係の仕事もよくやりますし、授業にも集中して発表もよくします。


でも、この数日はいつもの元気がなく、行動も緩慢です。

授業中もぼうっとしていて、勉強に集中できていません。

鈴木先生は、「そろそろ叱る必要があるのかも」という気持ちではるかさんの近くに行ったら、あることに気がついたそうです。

 
それは口が開いているということです。

どうやら鼻が詰まって口呼吸をしているようなのです。

もうひとつ、目の周りがむくんでいることにも気がつきました。

それで、鈴木先生はこれは花粉症じゃないかと気がついて親御さんに連絡しました。

親御さんがさっそく医者に連れて行ったら、やはり花粉症だったそうです。


●子どもは花粉症の影響をまともに受ける
 

子どもは自分で花粉症だと気がつきませんので、大人が気をつけている必要があります。

それまでかかっていなかったとしても、急に発症するということもあります。


大人でも、呼吸がしにくい、鼻水が出る、目がかゆいなどの状態ですと、集中力も注意力もかなり下がります。


大人でしたら、ある程度は意志力で自己コントロールして、カバーできないこともありませんが、子どもはそういうことが苦手です。

ですから、花粉症の影響をまともに受けてしまいます。

勉強にも影響が出ますし、生活の質全体が下がります。


ぼうっとして歩いていると安全上の問題もあります。

それに、子どもの花粉症は、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの他のアレルギーとの関わりがあることもあるそうです。
 

●素人判断でなく医者に診てもらう
 

子どもが花粉症かもと思ったら、医者に診てもらって適切な治療をしてもらうことが大事です。

原因の花粉が特定できますし、その子の症状に合った薬を出してもらえるからです。

それに、その子に合った対策のアドバイスをもらえます。


つい素人の自己判断で市販薬に頼りがちですが、それにはリスクがあります。

その薬がその子の症状に合っていないこともありますので、一種の賭のようなものです。
 

つづく
http://mamanote.jp/news/4961

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP