今回の相談
 
子どもの忘れ物が多くて困っています。教科書・ノート・筆箱などはしょっちゅうです。習字道具を持って行っても墨だけ忘れたりということもよくあります。でも、主人は「忘れ物をして自分が困ればしっかりするから放っておけ。お前は手を出しすぎだ」と言います。どちらの方針で行くべきか決めかねています。(和風ハイキング さん:小学2年生男子)


【親野先生からのアドバイス】

和風ハイキングさん、拝読いたしました。

忘れ物が多い子について、「放っておけば自分で困って直すだろう」という考えの親はけっこういます。その反対に、先回りして何でもかんでもやってしまう親もいます。
結論から言いますと、これらの両極端はいずれも子どものためになりません。正解はその真ん中にあるのです。

前者のように放っておくと、子どもはますます忘れ物が増えることが多いのです。なぜかというと、子どもは「忘れ物をすると困る。忘れ物を減らしたい」という気持ちはあっても、実際にはできないことが多いからです。
「気持ちはあってもできない」ということは大人でもよくあることですが、子どもにおいてはそういうことが実に多いのです。子どもは、性格的・能力的・環境的な理由からできない場合が多いのですが、これらはいずれも先天的な資質と後天的な環境によるものです。先天的な資質と後天的な環境に起因するものを、子どもがやすやすと変えられるはずがありません。それに、「忘れ物をすると困る。忘れ物を減らしたい」と思っただけで直せるなら、もうとっくに直っているはずです。

このようなわけで、親が前者のような考えで放っておいて子どもの忘れ物が減ることはありません。

忘れ物が多いと、授業に差し支えるだけでなく先生に叱られたり友達に嫌なことを言われたりします。

それで子どもは自信をなくしますし、手助けしてくれない親に対する愛情不足を感じるようになります。
子どもが親に対する愛情不足を感じていても、それはすぐ表に出ないので親にわからないことが多いのです。それで親は高をくくっているのですが、思春期以降に問題行動として出ることが多いのです。実際、私が受け持った子の中にもこのような例がいくつかありました。

さて、これとは反対に、先回りして何でもかんでもやってしまう親もいます。子どもは自分でできるのに、親が過保護で口と手を出しすぎるという例もけっこうあるのです。
これでは、子どもの自立の妨げになるのは明らかです。自分でできることもやらない、自分で決めるべきことも決められない、ということになるのです。

このように、放任も過保護もよくありません。
大切なのは、その子にちょうどいい手助けをすることなのです。

でも、親というものは、どうも、万事どちらかに偏りがちです。
その理由は、我が子の実態と必要性に合わせて判断するという発想がないからです。つまり、親は、自分の性格・価値観・主義に基づいて判断してしまうのです。放任の親も過保護の親も、自分の性格・価値観・主義に基づいてそうなっているのです。「自分がこうだからこうする」ということであり「この子はこうだからこうする」ということではないのです。
こういう姿勢が、勉強にしろしつけにしろ、子育てのあらゆる場面で実にいろいろな問題を引き起こしています。何事もうまくいかないときは、背景にこれがあるのです。 
 ↓↓↓↓↓
つづく

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP