今回の相談
 
市の主催で、陸上・水泳・器械体操・サッカー・卓球などのいろいろなスポーツに幅広く親しめるスポーツ教室があります。うちの子も行かせたいのですが、本人は電子工作と数独をたっぷりやりたいから行かないと言っています。

子どものうちはスポーツで体を鍛えておくのも大事だと思うので、何とか行かせたいのですが、何か良い方法はないでしょうか? (マンガママ さん:小学6年生男子)


 親野先生からのアドバイス

マンガママさん、拝読いたしました。
親としては、本当にそういう気持ちになると思います。それが「親心」というものです(この「親心」というものがくせ者なのですが……)。


マンガママさんは、子どもに電子工作と数独をやめなさいと言っているわけではありません。つまり、好きなことを続けつつ新しいことにも挑戦させてあげたいという気持ちなのだと思います。
こういう気持ちはとてもよくわかります。でも、結論から言いますと、私は最終的には子どもの気持ちが大事だと思います。なぜなら、子どもの人生は子どものものだからです。

もちろん、親が子どもにやってほしいことややらせてあげたいことを紹介・推薦・説得するのは良いと思います。
子どもは、本当に人生経験も情報も少ないので知らないことが多いからです。本人が知らないものでも、その子に向いているものや役立つものがいっぱいあるはずです。それに触れる機会もなく、ただ食わず嫌いなだけで終わってしまうのはもったいないことです。試しにやってみたら見事にはまって、その子の成長に結びつくということもあるはずです。

では、紹介・推薦・説得のそれぞれの段階でどのようにすればよいのでしょうか?
紹介では、こういうものがあるということを教えてあげます。
推薦では、一歩進んで、「やるといいと思うよ」「向いていると思うよ」などと教えてあげます。
説得では、さらに一歩進んで、それをやることの良い点をアピールして子どもがやる気になるように働きかけます。やればどんな楽しさがあるか、やればどんな効果があるか、どんな点で本人に向いているか、などでアピールします。この場合、親が子どもにお願いするという形が意外と効果的なこともあります。

ところで、ここで気を付けてほしいことがあります。それは、説得と強制は紙一重だということです。
親は説得しているつもりでも、実際は強制になっていることも多いのです。親は、説得を装いつつ巧妙に強制していることも多いわけです。もともと親と子の間には力関係がありますので、そうなりがちです。

さて、このような紹介・推薦・説得(お願いも含む)をした結果子どもがその気になることはよくあることです。
でも、それでも子どもがその気にならないことも、またよくあるわけです。

このご相談の場合、親の紹介・推薦・説得にもかかわらず、子どもが「電子工作と数独をやりたいからスポーツ教室には行かない」と言う可能性もあるわけです。その場合、親はそれ以上のこと、たとえば、強要・強制・強迫などはするべきではありません。
その反対に、そういう子どもの態度を、つまり生き方をほめてあげてください。なぜなら、子どもは主体性を持って自己決定しているからです。

子どものころから主体性を持って自己決定していくことは、とても大切です。