ある男の子の家のトイレに、月の変化を説明するポスターが貼ってあります。

そこには、新月から始まって、上弦の月、満月、下弦の月と進み、また新月に至るまでの月の形が、美しい写真で説明されています。


小学3年生の理科で月の動き方の勉強をしたとき、その子は大活躍したそうです。
いつもはそれほど積極的に発表する子ではないのに、そのときはすごかったそうです。

その子は、三日月とか半月などはもちろん、新月、上弦の月、下弦の月などの意味も理解しているとのことでした。


月のポスターはほんの一例です。

知的に鍛えられるいろいろなポスターが市販されていますので、ぜひトイレやリビングなどに貼って欲しいと思います。


特にお勧めしたいのが、地図ポスターです。
これには、各地の特徴、名物、名所、特産品、史跡などがイラストで表されています。

たとえば、静岡県にはお茶のイラスト、沖縄県にはサトウキビ、鳥取県には鳥取砂丘などが描かれています。


スーパーマーケットでお茶を買って、そこに「静岡茶」と書いてあるのを見つければ、いつも見ているポスターとつながって確かな知識になります。

日ごろからこういう地図ポスターを見ていると、地理が得意になります。
地理が得意になると、社会科の勉強の全般によい影響が出ます。


というのも、社会科で学ぶ農業、工業、水産業、歴史、経済、政治、国際関係などのすべての分野において、地理の知識は深く関わってくるからです。


算数でもいろいろあります。

入学前や小学校の低学年の子には、1から100までの数が書いてあるポスターがオススメです。

これを眺めていると10進数の構造がわかるようになります。


また、足し算ポスター、引き算ポスター、九九ポスターなども、ぜひ貼って欲しいと思います。

見ているうちに、子どもは自然に覚えてしまいますし、ていろいろな発見をすることもできます。


このように、見ているだけで勉強が好きになって学力が上がる知的なポスターを、私は楽勉ポスターと呼んでいます。

親力PE

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP