今回の相談
 
上の男の子は、算数が好きでクラスでもできるほうに入ると思います。でも、国語や社会にはまったくやる気がなくテストもほとんどできません。下の女の子はその反対で、国語はできるのですが算数がまったくできません。足して2で割りたいくらいです。

どの教科も平均して≪よく≫できるようにする方法はないでしょうか? (なおなお さん:小学5年生男子と4年生女子)



【親野先生からのアドバイス】

なおなおさん、拝読いたしました。

親として、「どの教科も平均して≪よく≫できるように」と願う気持ちはよくわかります。ほとんどの親はそう願うと思います。
親は、「できる教科があるのだから、苦手な教科もできるようになるはずだ」と考えます。そして、「できる教科はほどほどにして苦手な教科に時間をかければ、全体でもっと良い成績になるのに」とも考えます。

理屈はそのとおりなのですが、実際は理屈通りにいかないものです。
もちろん、もともとどの教科もバランスよく取り組める子はいいのですが、好き嫌い・得意不得意がはっきりしている子はそんな理屈通りにはいきません。
実際、子どもをして苦手でやる気がない教科への意欲を持たせるのは非常に難しいことです。はっきり言って至難の業です。
ほとんどの場合、叱ることが増えるだけであり結局は徒労に終わるのが常です。徒労に終わるだけならいいのですが、叱ることが増えるとマイナスの影響が必ず出てきます。
つまり、子どもは自分に自信がなくなり、親子関係もまずくなります。親が絶対やらせようと思えば思うほどそうなります。

それより、私は、せっかく好きな教科があるならそれを大いに伸ばしてあげるほうが得策だと思います。
このご相談のケースでは、上の子は算数が好きで得意であり、下の子は国語が好きで得意だとのことです。ですから、それをさらに伸ばすことをまずは最優先で考えればいいと思います。

そのためには、それをよくほめることです。子どもが好きで得意なことを、ぜひほめてあげてください。
それと同時に、さらに得意になれるようにバックアップしてあげることも大切です。
算数が好きなら、教科書や問題集だけでなく算数の歴史、図鑑、雑学、マンガ、クイズなどに触れさせてあげてください。算数おもしろ教室で同好の士と知り合ったり、算数検定などの他流試合で刺激を受けるのもいいかもしれません。
いろいろな角度から算数に触れることで、算数がさらに好きになり誰にも負けないくらい得意になれます。これは子どもに絶大なる自信をもたらしてくれます。

自信を持つと、エネルギーとやる気が出てきて、その子自身が輝いてきます。そして、勉強や生活にいろいろない良い影響が出てきます。
それによって、他の教科もがんばるようになることもあります。
また、必ずしもそうならなくても、どこかにい良い影響は必ず出ます。親の願いに適う影響でなくてもいいのです。
これは、このご相談のような算数や国語といった教科でなくてもいいのです。
音楽・図工・体育、もっと言えば教科でなくてもいいのです。