例えば、親が「うちの子たちは兄弟の仲が悪い。仲よくさせなければ」と思ったとします。
こういうとき、ほとんどの場合は叱るところから始めてしまいます。

「あなたたちは、なぜそんなに仲が悪いの?もっと仲よくしなきゃダメでしょ」とか「お兄ちゃんのくせに、なんで弟に意地悪するの?」というようにです。


みなさんは、こういう言い方に効き目があると思いますか?
あるはずがないですよね。

これだと、子どもたちは「ぼくたちは仲の悪い兄弟なんだ」と思い込むようになり、お兄ちゃんは「どうせぼくは意地悪なお兄ちゃんだよ」と思い込むようになります。

そして、こういうイメージを持ってしまうと実際にそうなってしまう可能性が高まります。


ですから、まずはこういう言い方をやめるべきです。
そして、その反対に、ほめるところから始めるようにしてください。

「よし、ほめることで兄弟の仲をよくしよう」と決意して、ほめられる場面を探しましょう。


そうしていると、2,3日後に、登校するときお兄ちゃんが弟に帽子をかぶらせてくれるかも知れません。

あるいは、弟がこぼしたお茶を拭いてくれるかもしれません。


そこを見逃さずに、「おにいちゃん、よく気がつくね。弟も幸せだ、こういうお兄ちゃんがいると。仲のいい兄弟でうれしいわ」とほめます。

すると、先ほどとは逆に、兄弟仲についてよいイメージができます。
それによって、実際にそうなっていく可能性が高まります。


たいていの場合、親たちはこういったほめられる場面を見逃しています。
「できて当たり前」という意識があるからです。

それで、結局いつも叱るところから始めることになるのです。


兄弟仲だけでなく、これは万事に言えることです。

「しつけたいことはほめるところから始める」と決意して、意識してほめられる場面を探すようにしてください。

親力PE

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP