今回の相談
 
うちの小僧さんは、宿題や通信教材は「やればいいんでしょ」という感じで、とてもいい加減です。当然、間違いがあっても平気です。

「直しなさい」と言っても素直に直さないので、どうしても叱ってしまいます。さんざん叱られてやっと直すのですが、それならはじめから素直に直せばいいのに、と思います。

どうしたら、素直に直すようになるのでしょう? (スイスイママ さん:小3男子)


【親野先生からのアドバイス】

スイスイママさん、拝読いたしました。

この年代の子どもでは、これが極めて普通の姿です。特に、男子はこれが当たり前です。遊びたい盛りであり、自分がやりたいことをやりたいという気持ちでいっぱいなのです。それが後伸びのエネルギーでもあるのです。
ちっともおもしろくない宿題や通信教材は、ただめんどうなだけでやる気になどなれるはずがないのです。進んで宿題や通信教材をがんばる子は、圧倒的に少数派です。

そして、さらに、間違いを直すというのは、大人が思っている以上に子どもにとってはたいへんなことなのです。
本人としては、「もうやった」という気持ちでホッとしている状態で、「さあ、やっと好きなことができる。のんびりできる」と思っているところへ、親がまたぞろめんどうを持ち出すのです。場合によっては、最初に宿題に取りかかるとき以上に精神的な負担が大きいとさえ言えます。
また、もともと、難しくてよくわからなかったり面倒な計算だったりするから間違えるのです。そういう問題をもう一度やるのは、かなりの苦痛なのです。
これらのことを、頭に入れておいてください。

まずは、子どもの立場に立って、その心の内を想像してみることが大切です。これは何ごとにおいても言えることです。それが相手に「思い」をやること、つまり「思いやり」です。
そのうえで、何ができるか具体的な工夫を考えていきましょう。相手を理解しないままの対応では、親だけが空回りすることになります。

先ほど書いたように、子どもは「もうやった」ということでホッとしています。つまり、スイッチがオフになっているのです。パソコンで言えばシャットダウンした状態です。また立ち上げて作業するというのは、かなりのエネルギーを必要とすることです。ですから、シャットダウンする前のメモリーが残っている状態で直させるのが得策です。 
つまり、できるだけ早くマルつけをして、できるだけ早く直させるのです。そうすれば、また最初から立ち上げて作業を始めるという余分なエネルギーと時間が要りません。

これは、心理学用語で即時確認の原理と言います。やった直後にマルつけをしてもらって(または自分でマルつけをして)、マルがつくとうれしいものです。やってから時間が経てば経つほど、そのうれしさは少なくなっていきます。
直後なら、たとえ間違えたところがあっても、まだメモリーが残っているので再チャレンジしやすいのです。問題の意味をつかんだり解いたりするにも、ゼロからではなくある程度の理解はできています。この状態でもう一度やれば、ちょっとした勘違いに気付いてすぐ直せることもよくあることです。

もちろん、親の仕事や家庭の事情などで、このようにいかない場合も多いと思います。 
そのときは、「できるだけ」ということでやってみてください。

さて、それと同時に大切なのは子どもをほめることです。子どもが宿題や通信教材をやったら、「まずほめる」「取り敢えずほめる」ということを徹底してください。
多くの親たちはこの反対で、子どものやったものを見て「まず小言」「まず叱る」「取り敢えず叱る」ということをやっています。「なに、この字は! もっとしっかり書きなさい」「もっとしっかり計算しなきゃダメでしょ」という具合です。そして、「ほら、ここ間違ってるでしょ。やり直しなさい」とやってしまいます。

でも、これでは、子どもが素直にやる気になるはずがありません。
しかも、これが続くと、子どもの中で「宿題や通信教材をやったあとは叱られる」という認識ができあがってしまいます。
こうなると、宿題や通信教材へのマイナスイメージがさらに強くなります。
そして、ますます取り掛かりに時間がかかるようになり、ますますいい加減にやるようになります。
そして、親はますます叱ることになります。

この悪循環を断ち切る方法は、ただ一つです。
それは、「まずほめる」「取り敢えずほめる」ということです。

「子どもがしっかりやれるようになったらほめよう」と思っていると、永久にほめられません。そして、永久に悪循環から抜け出せません。