今回の相談

 
子どもが有意義な夏休みを過ごせるようにするには、どうしたらいいでしょうか? 去年も一昨年も、ダラダラしているのを見て叱ることが多かったです。宿題以外にも勉強させたいのですが、いつも宿題すらイヤイヤやる状態です。子どもがやる気を持って有意義な夏休みを過ごせるようにするには、どうしたらいいでしょうか?(ベスさん)


 【親野先生のアドバイス】
ベスさん、拝読いたしました。

子どもにとって夏休みはうれしいものですが、親にとってはそうでもありませんよね。 
特に専業主婦のお母さんのほとんどは、苦痛に感じていると思います。
ましてや、「有意義にしよう」という気持ちが強いとなおさらです。

私は、あまり「有意義にしよう」と考えないほうがいいと思います。
というのも、そもそも夏休みは休みだからです。休みは休むためのものですから、「十分休めた」と感じられるようにすることが大切なのではないでしょうか?

それで初めて気持ちも頭もリフレッシュして、次にがんばることができるというものです。
それがメリハリというものです。
「よく射る弓はよく弛ませなければならない」という格言もあります。
いつもいつも張りつめていたのでは、伸びきったゴムのようになってしまいます。子どものころからずっとがんばりどおしでは、大人になるころには燃え尽きてしまいます。 
自分のやりたいことならまだしも、親の望むことをがんばり続けるというのでは、そうなる可能性は極めて高いと言えます。

以前、テレビでドイツの子どもたちの夏休みを紹介する番組を見たことがありますが、本当にうらやましく感じました。夏休みの間、子どもたちは一切勉強しません。一切です!
もちろん、学校からの宿題はまったくありません。
夏休みの友(敵?)という問題集もなければ、日記も自由研究も読書感想文もありません。
プリントも書き取りも計算ドリルもありません。

宿題がないから家で親が勉強させるのかというと、それもありません。
テレビのリポーターが、一人のお母さんにそういう質問をしました。質問されたお母さんは、初め質問の意味すらわからなかったようです。
やっと意味がわかって答えてくれたところによると、「そういう親は見たことも聞いたこともない」「あり得ない」とのことでした。
なぜかというと、家族みんなで約1カ月間のバカンスに出かけるのが普通だからです。 特権階級でなく、ごく一般的な家庭がそうなのです。
大人が休むのだから子どもも休んで当然というわけで、勉強など一切しません。

では、バカンス先で何をするかというと、もちろんバカンスです。バカンスですから、みんな自分が本当にやりたいことをやるのです。
大人はひたすらボーッとする人も多いようです。
子どもは、もちろん、遊びまくったり自分が興味あることをやりたいだけやったりします。

「バカンス」とはフランス語で、もともとは「真空」「空白」「何もない」「空っぽ」という意味でした。
ですから、頭を空っぽにして、何もしないでボーッとするのが一番正しいと考えている人が多いようです。
ドイツだけでなく、ヨーロッパはどこも同じような過ごし方をするようです。フランスは、もっと徹底しているという話も聞いたことがあります。
夏休みだけでなく、土日についてもこれと同じ考え方です。ですから、土日にも宿題などないのです。

私は、このように、休みは休みとして取ることが大事だと思います。
それによって、次に新しい気持ちでがんばることができるわけですから。
それが休みの意義なのですから。
もちろん、ドイツにもフランスにもそれぞれの問題はありますから、すべていいというわけではありません。