朝なかなか起きられない子もいます。こういうときも、いきなり叱って起こすのは決していいことではありません。

これについても、いろいろな工夫をすることが大切です。


まず、大切なのは、毎日決まった時刻に寝ることです。決まった時刻に寝れば決まった時刻に起きやすいからです。

毎日バラバラの時刻に寝ていれば、決まった時刻に起きるのが大変になるのは当たり前のことです。


また、朝、親が部屋のカーテンを開けてあげて、朝日が差し込むようにするといいでしょう。

これだと、体と意識が少しずつ目覚めることができます。


また、時計も大事です。ある子は、自分の好きなオルゴールの曲が流れる目覚まし時計にしたら、目覚めが良くなったそうです。

目覚まし時計を複数にしてうまくいった例もあります。


寝るときに水で濡らしたおしぼりを枕元において、朝目が覚めたらすぐ顔を拭くというのもお薦めです。

寝たまま手足をにぎにぎする運動をしたり、軽いストレッチをしたりするのもいいでしょう。


寝たまま金魚運動をするのもいいでしょう。金魚運動とは西式健康法の中の代表的な運動であり、寝たままできます。

これは便通にも効果があります。詳しくは「金魚運動」で検索してみてください。


眼鏡をかける人はすぐにかけましょう。目先がぼんやりしたままだといつまでも目が覚めません。


朝の時間に、その子が好きなことができるようにするのもいいでしょう。それを楽しみに起きられるようになるからです。

このように、その子に合ったいろいろな工夫をしてみましょう。


それでも無理なら、またそういう工夫をするのが難しいなら、親が起こしてあげればいいのです。

どうせなら、明るく楽しい起こし方をしてあげましょう。大人でも、家族に起こしてもらう人は大勢います。それでいいのです。


ガミガミ叱りながら起こして、朝からお互い嫌な気分になる必要などありません。子どもを朝から叱ることにはいろいろな弊害があります。

交通事故に遭うリスクが高まります。友だちとトラブルを起こす確率も高まります。学力にも影響が出ます。


詳しくは下記をお読みください。

朝から叱られてから登校すると危険なことがある
http://oyaryoku.blog.jp/archives/37825519.html

朝起きるのが苦手な子。朝から叱ると弊害だらけ
http://mamanote.jp/news/346

親力PE

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP