●一人の人間同士として一緒に喜ぶ


子どもをほめるとき、大人はどうしても上から目線のほめ方になりがちです。

例えば、子どもが今までできなかったことができたとき、「やればできるじゃん」と言ってしまいます。


これは「今まではがんばりが足りないからできなかったんだよ」という意味も含んでいます。

ですから、子どもは心から喜べないかも知れません。

できないことができたときに、「うれしいねえ。ママもうれしいわぁ」と言ってもらえると、子どもは素直に心から喜べます。

まったく純粋にママのうれしい気持ちが伝わってくるからです。

「今まではがんばりが足りなかった」というニュアンスもなく、ほめることでさらにがんばらせようという意図もありません。

子どものうれしい気持ちに共感して、ママも純粋に喜んでいます。

一人の人間同士として一緒に喜び、うれしさを共有しているのです。

上から目線ではない横から目線です。
 

●一人の人間同士として感謝する
 

子どもがお手伝いで洗濯物をたたんだとき、次のように上から目線で言っていませんか?

「やるべきことがちゃんとできてえらいね」

「お手伝いを忘れずにできて立派だよ」

 

横から目線にするとこうなります。

「ママ疲れていたから、ホント助かったわ」

「いつもありがとう。これだけたたんでもらえると本当に助かるわ」

「おかげで夕飯の準備がはかどるわ」

つづく
http://mamanote.jp/news/4716

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP