●ブドウの価値を下げることで自我を守る


イソップ物語の中に「すっぱいブドウ」というお話があります。

キツネがおいしそうなブドウを見つけました。

でも、それは高いところにあってジャンプしても取ることができません。

何度やっても結局取ることができませんでした。

キツネはとうとうあきらめるのですが、そのときひと言。


「あのブドウはすっぱいからいらないよ」

つまり、ブドウの価値を下げることで自分の自我を守ろうとしたわけです。

こういう心の働きを心理学で「すっぱいブドウ効果」と呼んでいます。
 

●「片づけ」の価値を下げることで自分の自我を守る


心理学によると、人間は常にこういった方法で自我を守ろうとしているそうです。

とくに意識してそうするわけでなくても、半ば無意識のうちに自分を正当化しようとするのです

もちろん、子どもたちも同じような正当化をしています。

例えば、「片づけしなきゃダメでしょ。何度いったらできるの!」と叱られ続けている子がいたとします。

すると、子どもの自我が傷つき、何とか自分を守ろうとします。

それで、次のように考えるようになります。

片づけなんて大して大事なことじゃないよ。

片づけなんかできなくても困らないよ。

人生ではもっと大事なことがある。

ママはなんでそんなことにムキになってるの?

つまり、「片づけ」の価値を下げることで自分の自我を守ろうとするのです。

これによって、片づけをがんばろうという意欲はますます下がります。

つづく
http://mamanote.jp/news/4664

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP