●叱るところから入ると…

例えば、お兄ちゃんが弟を泣かせて困るというとき、どうしたらいいでしょうか?

こういう場合、親はお兄ちゃんが弟を泣かせているところを見つけて、「なんで、また弟を泣かせてるの! なんでお兄ちゃんらしくできないの!」と叱ると思います。


でも、このように叱ることで兄弟の仲をよくすることはできません。

なぜなら、こういう言い方をされると恨みが残るからです。

その恨みは、いつかどこかで晴らされることになります。

それに、叱られたお兄ちゃんの方は、「どうせ、オレは意地悪なお兄ちゃんだもんね」という自己認識を持つようになります。
 

●ほめるところから入れば…


ですから、叱るところからではなく、ほめるところから入ることが大切です。

まず親が自分に言い聞かせます。

 「よし、ほめることで兄弟仲をよくしてやろう」

 「兄弟仲のことで、とりあえずほめよう」

そう言い聞かせて、何日間か目を皿のようにして機会をうかがいます。

すると、必ずほめられる機会がやってきます。

例えば、出かけるときお兄ちゃんが弟の靴を出してくれたりとか、弟の落としたお箸を拾ってくれたりなどです。

そこですかさず、「お兄ちゃん、優しいな。ありがとう」とほめます。

つづく
http://mamanote.jp/news/4592

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP