●あなたの聞き方タイプはどれ?


子どもの話を上手に聞ける親とそうでない親がいます。

話の聞き方で親子関係がよくなることもありますし、悪くなることもあります。

また、話の聞き方で子どもを伸ばせるか否かも決まります。

まず始めに、今回はNGな聞き方7タイプを紹介します。


●1,ながら聞きタイプ


このタイプは、何かしながら子どもの話を聞きます。

スマホをいじりながら、テレビを見ながら、野菜を切りながら……。

子どもは一生懸命話しているのに、親はほとんど聞いていません。

子どもは「ママ、聞いてるの?」と言いたくなります。
 


●2,無感動タイプ
 

このタイプは、子どもが発見したことやがんばったことを懸命に話しても、「あ、そう」「ふ~ん」「よかったね」などの簡単な返事で終わってしまいます。

子どもは話し甲斐がないと感じて、だんだん話さなくなります。
 


●3,横取りタイプ
 

例えば、子どもが「今日の遠足でイチゴ狩りをしたよ。それでね、……」と話し始めたとします。

それを聞いて、すぐに話を横取りして、「イチゴっておいしいよね。この前ママが食べたパフェのイチゴはまずかったけど。あの店、コーヒーはおいしいのになあ」などと自分の話を始めてしまう人がいます。

おしゃべりなママさんに多いタイプです。

ママは非常におしゃべりなのに子どもは寡黙、という場合、ここに原因があることもあります。
 


●4,詰問タイプ


自分が知りたいことを根掘り葉掘り聞こうとするタイプです。

例えば、「そのとき誰と誰がいたの? 誰が言い出したの? それはどこでやったの? 何時から始めて何時に終わったの?」などとしつこく聞きます。

子どもは、「なんでそんなことまで聞くの?ママには関係ないじゃん」と感じてしまいます。
 


●5,結論優先タイプ


子どものわかりにくい話をじっくり聞くことができず、すぐに結果や結論を知りたがるタイプです。

「結局どうなったの?」「要するに何を言いたいの?」「途中はいいから結論を言ってよ」「それであなたは一体どうしたいの?」などです。

パパに多いタイプですが、ときどきママにもいます。

つづく
http://mamanote.jp/news/4511

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP