●小1ママ

家で、簡単な足し算や引き算を教えています。
いくら教えても、全然分からないようなのです。
最初からつまずいていると、この先もっと難しくなっていくとついていけないのでは?


《家庭学習のコツ5》では、苦手は放っておいて、得意を伸ばそう」というお話でした。
この場合、算数の苦手も放っておくべきでしょうか。
親野智可等先生にうかがいました。


●親野

子どもができないとき、何も手助けしてあげないで、ほったらかしというのはよくありません。
それだと、子どもは見放された気分になってしまいます。

例えば、ある子の場合、『8+5』を教えるとき、『5を2と3に分けるね。じゃあ、8に2を足すと?』と聞くと、子どもは『10』と答えます。

『じゃあ、10に残りの3を足すよ。いくつかな?』と聞くと、『13』と答えられるんです。

それでわかったと思って、『じゃあ7+6を同じように、自分でやってごらん』というと、できなくなる…。

マンツーマンで問答しながらならできるけれど、自分では流れがつながらないんですね。
こういう子がけっこういるのです。


●小1ママ

なるほどです。
うちの子もそんな感じです。


●親野

ここでやってはいけないのは、怒ることです。
本人は一生懸命やっているんです。
努力が足りないわけではありません。


算数・数学には「器」というものがあります。
私は、中学高校と、いくら教えられても数学が丸っきり分かりませんでした。

大学は私立を受けましたから数学を全然やりませんでした。
教員採用試験で必要になり、自分で参考書を買ってきて中1から勉強し直しました。

すると、けっこうよくわかったのです。
『なんで今までこんなことが分からなかったんだろう』と不思議でした。


そのときに思いました。
中学高校のころは、私の中で数学的な内容を入れる器がザル状態だったんです。

ところが、その後の自然成長によって、何も数学の勉強をしていないのにも関わらず、いつの間にか数学を入れる器ができていったのです。
数学の器ができたところへ数学を入れたから入ったんです。


算数・数学だけでなく人間のいろいろな能力には伸びる時期があります。
今、いくら教えても算数が分からないというのは、まだ器ができていないザル状態なのです。

でも、だからといって、放っておけばいいということではないのです。
算数が分からなければ、家で教えてあげてください。
放っておいて何の手助けもないのでは子どもは親の愛情を疑います。


でも、そのときの教え方が大事です。
叱りながらでなく優しく丁寧に教えてあげてください。
教えても次の日にもう忘れていたら、また一から優しく丁寧に教えてあげてください。

『昨日教えたじゃない!』などと絶対言わないで、
何度でも優しく丁寧に教えてあげてください。
成果を望まないで、教えるという親子の触れ合い自体を楽しんでください。


●小1ママ

なるほどです。


●親野

それでもできるようにならないことも多いと思います。
器ができていないというのは、そういうことなのです。
そういうときは目をつむってあげましょう。

子どもだってできたいのです。
でも、どうしようもない部分もあるのです。
そういうときはもう許してあげてください。


いつまでもそこばかりつついていると、子どもらしい明るさや元気までなくなってしまいます。

ここは大切なところなので、よく誤解がないようにしてください。


冒頭で「子どもができないとき、何も手助けしてあげないで、ほったらかしというのはよくありません」と書きましたが、それも程度問題です。

親が「子どもがわかるまで教えよう」と思い込んで徹底的にやり過ぎると、これもまた、子どもにとってはつらいことになります。


器ができていないといくらやってもできませんし、遊ぶ時間まで奪ってしまうことになるからです。

何もそれがすべてではありませんから。
そういう子はもっと他の方面で、その子が好きなことや得意なことで伸ばしてあげてください。


●小1ママ

親野先生のお話をうかがって、気が楽になりました。

得意だけではなく、苦手もその子の個性です。
得意だけではなく、苦手ともうまく付き合う方法を考えていきたいと思います。

初出「ママノート」学研

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP