知り合いから聞いた話だが、小学2年生の子どもを持つお父さんが珍しく風邪で会社を休んだそうだ。すると、我が子が学校から帰ってきてリビングで勉強し始めた。それを見て、びっくりしたという。

それまで子どもの勉強する姿を見たことがなく、てっきり子ども部屋で机に向かって勉強していると思っていたらしい。リビングのテーブルで勉強するとはだらしないと、そのお父さんは子どもをしかった。

しかっているお父さんを見て、お母さんは「リビングで勉強する方が話しかけやすいし、宿題などの確認もすぐできるからいい」と反論して、口論になったそうだ。この話を聞いて、子どもの勉強する姿を一度も見たことがないということにも驚いたが、30代の若いお父さんの割にはずいぶん古い考え方をすると思った。

どこで勉強させたらいいかという相談や質問をよく受けるが、子どもが小さいときは子ども部屋に閉じ込めて勉強させるのはよくない。かえって子どもは集中できない。

特に小学校の低・中学年は、一人でいることが怖い。大人は忘れているが、子どものころはいろいろなものを怖く感じる。夜、一人でトイレに行けない子もいる。学校のトイレで怪談話が生まれるのも子どもの恐怖心のせいだ。低学年には昼間でもトイレのドアを閉められない子もいる。


●勉強の様子を身近で見て褒める


子どもは怖いと集中できない。親の声や家族の物音が聞こえる場所の方が安心でき、集中できる。だから、リビングやダイニングの方が勉強ははかどる。

ただし、テレビやラジオ、音楽などのスイッチをつけてはいけない。

親子の会話はかまわない。子どもの勉強する様子を見ながら、集中していないようならば、「あと10分だけがんばろう」と親が励ますことができる。

また、もし分からずに困っているようならば教えてやる。勉強や宿題が終わったら、その場でチェックし、間違っていたらすぐに直させる。そうすると、知識の定着率が上がるのだ。

日記は子どもにとっては大変な課題で、……

つづく

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/da/36/index1.html

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP