●目が覚めてからの3段階


前回は主に「目が覚める」ための工夫でしたが、今回は「起きる」ための工夫です。

実は、厳密に言うと、「目が覚める」のと「起きる」のとは違います。


朝が苦手な人は、一応目が覚めても、それから「1.身体を起こして2.布団から出て3.立ち上がる」までが長いのです。

この3段階に1時間以上かかってしまうこともあります。

それを短くするためにはどうしたらいいでしょうか?
 

●水を飲む
 

ペットボトルに水とストローを入れて、枕元に置いて寝ます。

そして、朝、目が覚めたら寝ながらストローで水を飲みます。

500ミリリットルも飲めば頭も身体もしゃきっとしてきます。

また、これは便通をよくする上でも大変効果があります。

ただし、冬場には冷え切った水を飲むとよくないので、お湯にすることをお薦めします。

寝る前に熱いお湯を入れておいて、朝になったら飲むのに丁度よい温度になるようにするのです。

もちろん、ペットボトルでなく保温できる水筒なら大丈夫です。
 

●おしぼりで顔を拭く


おしぼりを枕元において寝ます。

朝、目が覚めたらこれで寝ながら顔を拭きます。

これも気持ちがよくてけっこう効果があります。

ただし、寝ている間におしぼりの水分でシーツや布団が濡れてしまわないよう、注意する必要があります。

つづく
http://mamanote.jp/news/378

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP