●起きられなくて朝から叱られる子


私が教えたユウスケ君(仮名)という子は、毎日、朝起きるところからお母さんに叱られていました。


「いつまで寝てるの!どんどん起きなきゃダメでしょ。毎日同じこと言われて。またお友達待たせちゃうでしょ。何度同じこと言われたらできるの。時計が見えないの?」

寝ていますから、時計が見えるはずないんですけどね。

彼は、朝の会の3分間スピーチでこの叱られた話をよくしてくれて、毎回大ウケでした。

彼はスピーチのネタにしていましたが、やはり朝から叱られるのは精神衛生上よくありません。
 

●朝から叱られると弊害がいっぱい

 
一日のスタートから気分がよくないのですから、兄弟げんかの引き金を引くかも知れません。

それに、叱られて嫌な気分を引きずったまま登校すると、道を歩いているときもうつむき加減になります。

すると視野が狭くなりますし、気分がもやもやしているときは注意も散漫になります。

ちょうど通勤ラッシュのときなので、道には自動車やバイクが溢れたいへんに危険です。

友達と会ってもすっきり挨拶できません。

イライラしているとちょっとしたことが気に障って、「あいつ、オレの方をにらんでる。むかつく」などとケンカになるかも知れません。

授業にも集中できません。

子どもたちは毎時間新しいことを学んでいますので、気分がもやもやして集中できずにいれば、すぐついていけなくなります。

当然、学力にも影響が出ます。
つづく
http://mamanote.jp/news/346

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP