●私は叱ってばかりの先生だった

 

私は小学校の先生を23年間やりましたが、はじめの10年間と後の13年間ではかなりやり方が違っていたと思います。

 

ひと言で言って、はじめの10年間は叱ることが多かったです。

 

こういう教育をしたい、子どもたちをこう変えたい、こういうクラスにしたい、などの思いが強すぎて空回りばかりしていました。

 

決められたことがきちんとできる子、責任を果たせる子、目標に向かって自らがんばれる子、友達と協力して取り組める子、そして自分たちで授業を進められるクラス、行事などには自主的に取り組めるクラス、などと理想を描いていました。

 

でも、こちらの思うとおりにいくはずがなく、自然と叱ることが多くなりました。

 

「また○○してない。何度言ったらできるの? ちゃんとやらなきゃダメでしょ」。

「他のクラスは自主的に運動会の練習してるよ。あなたたちは何をしてるんですか? 口ばっかりじゃないですか」。

 

こういう感じです。

 

 

 

●叱りすぎて学級崩壊に至る

 

そして、とうとうあるとき学級崩壊に至りました。その年は、特にたくさん叱っていたからです。

 

というのも、私のクラスの両隣の2人の先生がとても優秀な先生たちで、クラスの子どもたちもしっかりしているように見えて、私は焦ってしまったのです。

 

がんがん叱り続けていたら、たしか2学期の運動会が終わる頃からだったと思いますが、子どもたちがよそよそしくなってきました。

 

子どもたちから話しかけてこなくなりましたし、いろいろ指示を出しても聞かなくなりました。

 

それで、ますます焦ってよけいに叱ることが増えました。すると、さらに子どもたちの心は離れていきました。

 

それで、「○○しないと□□だぞ」という罰で動かそうとしました。これで、またさらに子どもたちの心は離れていきました。

 

完全な悪循環です。

つづく
http://mamanote.jp/news/235

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP