前編はこちら

今週の相談
 
小学6年生の息子についてです。ここ1年くらいのことですが、友達と積極的に遊ばなくなってしまいました。かといって学校でトラブルがあった風でもないのですが、とにかく帰宅してから遊びに行かなくなってしまったのです。ゲームは1日30分までと決めているため、宿題をやって遊びに行って帰ってきて、さらにゲームをするのが大体日課になっていたのに。

友達と遊ぶのは楽しいと言いますが、わざわざ遊びに行くほどではない、とも言い、家では妹(小1)相手に遊んでいることが多いです。密な人間関係を作れずにいるのか、単に気の合う友達がいないだけなのかがわからず、このまま放っておいていいのか、焚(た)きつけてなるべく外に出してしまうのがいいのか迷っています。(ぶらんこ さん)


【親野先生のアドバイス】

ぶらんこさん、拝読いたしました。

前回に引き続き、ぶらんこさんへのアドバイスです。

前回は、子どもの実状、「本当のところはどうなのか?」を知るための以下五つの方法の2)までお話しました。

 1)子どもの友達関係を自分の目でよく観察する
 2)子どもの話から分析する
 3)わが子に関わってくれている大人、または、過去に関わってくれた
  大人から聞く
 4)同じクラスの子に聞く
 5)同じクラスの子の親に聞く

次に、3)の「わが子に関わってくれている大人、または、過去に関わってくれた大人から聞く」についてです。

前回も言いましたが、高学年になると、子どもの人間関係は広く複雑になってきます。 

大人はいろいろな人間関係の中でいろいろな自分を演じていますが、高学年の子どももそれに近づいてくるのです。
親が知っている姿は、子どものほんの一部に過ぎないと考えたほうがいいでしょう。

そこで、今現在我が子に関わってくれている大人や過去に関わってくれた大人から情報を得ることをおすすめします。
たとえば、今の担任の先生、元担任の先生、保健の先生、児童クラブや学童保育の先生、幼稚園や保育園で教わった先生、塾や習い事の先生、スポーツ少年団の監督やコーチなどです。

次に、4)の「同じクラスの子に聞く」についてです。
場合によっては、大人に聞くよりも子どもに聞いたほうがよくわかることもあります。
これにも直接的な聞き方と間接的な聞き方があります。

直接的な聞き方としては、「うちの子、このごろどう?」「うちの子、昼休みに何してる?」「うちの子、誰と遊んでる?」「うちの子、友達いるのかしら?」などがあります。
間接的な聞き方としては、「クラスでどんな遊びがはやってるの?」「休み時間はみんなどんなことしてるの?」「友達のいない子っている?」などがあります。

次に、5)の「同じクラスの子の親に聞く」についてです。
もしかしたら、クラスの子が家で我が子のことを話しているかもしれません。
たとえば、「このごろ○○君遊び相手がいなくてさみしそう」とか「いつも仲のいい○○君と□□君がけんかしたんだよ」などという話です。