今週の相談
 
小学5年生の息子は、中学受験を目指していますが、本人の気持ちがついてきません。口ではがんばると言うのですが、行動が伴わずイライラします。このままでは、すべてが中途半端で何も結果が出ないと考えます。4年生からスパルタ式の塾に入れましたが、カリキュラムをこなせず、あまりに言わないとやらないので、やめさせ、自主性を重んじる塾に入れましたが、相変わらず自分から取り組みません。

親が教えるとふてくされ、一人でやらせると能率が上がりません。受験自体が無理なのか? 親はどう見極めればいいのか? 私自身の心のぶれがあり反省してますが途方にくれてます。(プチグレイン さん)


【親野先生のアドバイス】

プチグレインさん、拝読いたしました。

前回に引き続き、プチグレインさんへのアドバイスです。

ほかにも「中学受験を目指していますが穏やかに言っても勉強しないので、毎日きつい言葉で叱ってしまいます。そうすると、ふてくされて物に当たります」という相談がありました。

子どもは、もちろん物にも当たりますが、それだけではありません。
親に見えるのは、物に当たるところだけですが、ことはそんなに単純ではないのです。 

親に見えないところで、子どもは友達や自分より弱い者にも当たります。
それが、けんかやいじめという形で出てくるのです。
弟や妹や動物に当たる子もたくさんいます。

そして、子どもは親にも当たります。
今は親に当たれないかもしれませんが、自分の力が強くなった時にそれが出てくることがあります。
それは、何年後か十何年後か何十年後かわかりません。
その時、子ども自身も親も、それがどこから来ているのかわかりません。
でも、実際には、今の毎日の生活で種を蒔(ま)いているのです。

そして、子どもは自分自身にも当たります。
自己否定、自傷行為、生きる意欲の喪失、これらは人が自分自身に当たっているということなのです。
今は出なくても、思春期や成人後に出ることも多いのです。


中学受験の際に考えなくてはいけないことは、この他にもあります。

いざ受験にまで辿(たど)り着いても、不合格の子は必ず出るのです。
その子は、望まない中学校にいやいや進学することになるかもしれません。
そして、その気持ちのまま鬱々(うつうつ)とした中学校生活を送ることにもなりかねません。

なんとか合格して入った中学校で、勉強についていけなくなる子もいるようです。
特に、ぎりぎりで合格した子には、入学後かなり厳しい現実が待っています。
ほんの少しでも力を抜くと、あっという間にクラスの最後尾です。
勉強についていくために、ここでもまたハードな塾通いをすることになります。
青息吐息の3年間または6年間ということになります。

どうしてもついていけなくなって、別の私立中学校、地元の中学校、地元以外の中学校などに転校する子もけっこういるのです。

友達関係も一からのスタートです。