今週の相談
 
小学校2年生の息子は、今までに何度も、お金や物を盗みました。お金は私の財布や、主人の小銭の貯金箱から何度か盗りました。金額は、50円や100円ですが、学校にある売店で、お菓子を買うなどしたそうです。たまに、学校のカバンをチェックしたときに、小銭が出てきて、問い詰めてわかりました。

1日10円をあげて、学校の売店では30円くらいから何かしら買えるので、貯まったら好きな物を買いなさいと言っていました。でも、先日200円貯まっているのに、それは使わず、主人の小銭の貯金箱から100円盗ったんです。カバンの中から50円を見つけ、問い詰めると100円を盗って50円をすでに使ったと言いました。

以前クラスメイトのトレーディングカードを束で持ってきて、もらったと言うので、問い詰めたらその子の机から持ってきたのでした。翌日、先生に返しに行きました。その後はトレーディングカードは一切持つことを禁止して、今持っているカードも取り上げてしまいました。その都度、盗みはいけないと説明してわかってもらえたと思うのですが、また繰り返します。スーパーでお菓子を盗ったことは今まで3回あります。そのときには息子とお金を払いに行って謝りました。(霜月さん)


【親野先生のアドバイス】

霜月さん、拝読いたしました。

我が子がお金や物を盗んだとわかったときの親の気持ちは、想像するにあまりあるものです。
信じていたのに裏切られたという気持ち、まだほかにもあるのに隠しているのではないかという疑い、自分の育て方が間違っていたのではないかという不安、このまま大きくなったらどうなるのだろうという心配……。

しかも、何回か繰り返しているとなると、親としては心配でたまらない状態だと思います。
でも、こういうときこそ冷静になることが大事だと、私は敢えて言いたいと思います。 

なぜなら、親のなかには、あまりのショックに理性を失った対応をしてしまう人もいるからです。
子どもに「泥棒」とか「犯罪者」などと言ってしまう親もいます。
このような人格を否定する言葉は、子どもの心を深く傷つけ、親子の信頼関係を大きく損なうことになりかねません。

その点、霜月さんは、トレーディングカードを返しに行ったこと、盗みはいけないとしっかり話していること、スーパーにお金を返しに行って謝ったことなど、適切な対応をしているのではないかと思います。

それに加えてやってほしい大事なことがあります。
でも、この先は、もしかしたらこのケースに当てはまらないところもあるかもしれません。どうしても推測で書かなければならないところもあるからです。
一般的にはこのようなことが考えられる、ということで参考にしてください。

まず、頭に入れておいてほしいのは、子どもがお金や物を盗むのは何かのサインである可能性が高いということです。別の言い方をすれば、子どもが本当に欲しいのはお金や物ではない可能性が高いということです。
つまり、心の中に満たされない部分があるのです。それが本人にも止めがたい衝動になって、そのような行動をさせているのです。

もっと自分の気持ちを共感的に受け入れてほしい、もっと安心させてほしい、もっと自分にかまってほしい、もっと親の愛情を実感させてほしい……。
 ↓↓↓↓↓
つづく

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP