今週の相談
 
幼稚園年中の息子のことです。入園して半年以上が経ちましたが、お友達は何もしていないのに、叩いたり押したりしてケガをさせるということがずっと続いています。仲のいいお友達もいません。家庭で毎日注意していますが、繰り返してしまいます。(m.yさん)


 【親野先生のアドバイス】

m.yさん、拝読いたしました。

子どもが友達を叩くという場合、次のことが考えられます。

一つ目は、自分が誰かに叩かれているか、もしくは、すぐに人を叩く人が身近にいてそれを見ている場合です。

もしこのような状況ならば、すぐに改善する必要があります。


二つ目は、ストレスや緊張が内面にある場合です。

家庭、または、幼稚園でのストレスでイライラしているのかもしれません。
もしかしたら、年中からの入園ということで、いま一つ馴染めないでいるのが原因かもしれません。
この場合、叩くことで注意され、またストレスがたまるという繰り返しになりがちです。 
体を使った遊び、特に外遊びをたくさんさせてやるといいと思います。
親子でくすぐりっこをして笑わせてやるのも効果があります。
また、子どもの話を受容的にたっぷり聞いてやることも大切です。
また、叱らなくてすむような生活上の工夫をして、子どもが穏やかな気持ちで過ごせるようにしてやってください。

三つ目は、友達と関わりたい気持ちをうまく表現できないため、叩いてしまうという場合です。
その子と関わりたいのにそれを言葉で言えないので、叩いてしまうのです。
「何も叩かなくても」と大人は思うのですが、その子にとってはほかに方法が思い浮かばないのです。

こういう子は小学生でもいます。
「その子に興味がある」「一緒に遊びたい」「おしゃべりしたい」「気を引きたい」「ちょっかい出したい」などなど、とにかく関わりをもちたいのです。
ですから、こういう子は、実はそれほど心配しなくていいとも言えるのです。
「関わりを持ちたい」という気持ちがあるということは、大きな安心材料です。
あとは、その方法を身に付けられるように手助けをしていけばいいのです。

まず、友達を叩いてはいけないと言葉で教えることは当然のことながら大事です。