「うちの息子は好き嫌いが多い上に小食なんです。私が子どもの頃は、給食は無理してでも全部食べなければいけなくて、つらかった記憶があるので心配です」

このお母さんの心配、よくわかります。

編集部のスタッフにも、「給食を食べ終わるまで外に遊びに出させてもらえなかった」なんて経験の持ち主がいました。

今の学校給食はどうなっているのでしょうか?
教育評論家の親野智可等先生にお話しをうかがってきました。


親野

「給食でつまずく子って、本当にびっくりするぐらい多いんです。本来は楽しいはずの給食で苦痛を味わわせるなんて、私は絶対によくないことだと思います。食事の量は、大人でも個人差がありますよね。体調にもよりますし、学校で食べることに緊張感を持っている子もいます。

このような生理的なことは絶対強制してはいけないことなのですが、『これくらいは食べさせなければ』と考え、強い指導をする先生はいますね。『あと一口だけ食べなさい』なんていっても、その一口が本人にはものすごく大変なときだってあるでしょう」


そうですよね。

大人なら「今日はこれくらいにしておこう」と自分で食事量が決められるのに、子どもだから決められないというのはおかしな話ですよね。


親野

「現在は、ほとんどの学校が『配膳するときに、食べられるだけの量をもらって残さないようにする』という指導をしています。

でも、食べられると思って盛ってみたけど、いざ食べ始めたらムリだったということはよくあることです。大人でもバイキング料理などでそういう経験をしたことがあるでしょう。

食が細いお子さんをお持ちのお母さんは『うちの子は食が細いので量を減らしぎみでお願いします』と先生にあらかじめ伝えておくといいでしょう。


それでもその先生がちょっと『なるべく食べさせる』傾向の先生だった場合は、『無理に食べさせられると悩んでしまうので』とか、『幼稚園のとき、無理に食べさせられて登園しぶりになってしまったので』とか言ってみます。

そうすれば、それほど深刻な問題だと伝わります。
それに「登校しぶり」されては困るので先生も考えるでしょう。
実際、給食が原因で登校渋りになる子は意外なほど多いので、そんなことにならないようにしてあげてほしいと思います」

本来楽しいはずの食事の時間が苦痛な時間になってしまってはかわいそうですね。ましてや、それがもとで学校に行きたくなくなるなんてことには、絶対ならないでほしいです。


量についてうかがいしましたが、「好き嫌い、偏食」についてはどうですか?


↓↓↓↓↓
つづく(ママノート)


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP