今週の相談
 
小学2年生の娘のことです。もう2年生になったのに、1年生の学習のなかで覚えていないことがまだたくさんあるようです。学校から帰って明日の準備と宿題をしてから午後6時近くまでお友達と遊ぶので、朝6時に起きて復習しようと子どもと決めました。でも、目が覚めないので、読み聞かせをして目を覚ましてから続けています。

いろいろな表やシール、はんこ、ストップウオッチ、グラフなどでやる気が続くように工夫しているつもりです。でも息切れしたのか朝すごくぐずります。間違いを訂正するとすぐにやる気を失い、泣いて、下の子どもが目を覚まし、ゆっくり勉強できずこちらも大声を出してしまいました。成果が出ているのですが、とても子どもに無理をさせているようで罪悪感が残ります。(ちっぴさん)


【親野先生のアドバイス】
ちっぴさん、拝読いたしました。

表、シール、ストップウオッチ、グラフなど、親のできる工夫をいろいろしているのが、すばらしいと思います。私は、こうやって努力する親の気持ちは、それだけでも尊いものだと思います。

でも、お子さまは「息切れ」しているようだとのことです。「子どもに無理をさせているようで」と、ちっぴさんも書いています。

ちっぴさんは、今の状態をある程度客観的に見ています。客観的に見ることは、とても大切なことです。これができないと、親子で無用に苦しむことにもなりかねません。いつでも、客観的に自分たちを見ることが必要です。

ところで、ご相談を読むと、どうやら、ちょいと欲張り過ぎたのかもしれませんね。なんといっても、まだ相手は2年生ですから。つまり、生まれてまだわずか8年です。

「もう2年生になったのに、1年生の学習のなかで覚えていないことがまだたくさんがあるようです」
ここを読むと、少し完璧を目指し過ぎているのかもしれないと感じます。もちろん、1年生で習ったことを身に付けておくことは、これからの勉強のために必要です。でも、実際には全部を全部完璧に身に付けさせるのはなかなか容易なことではありません。

というのも、子どもの実状というものがありますから。理想と現実の両方を見ていることは、どんな場合でも大切なことです。教育においてもそのとおりです。