今週の相談
 
小学校6年生の娘のことです。友達に気を使いすぎて、自分が疲れてしまうようです。5年生のときには、朝具合が悪くなってしばらく学校に行けませんでした。自分では理由がわかっていません。今はそんなこともなくなりましたが、ピアノの伴奏でも人に譲ってしまいます。人の良さを素直に認める優しい子なのですが……。(スノーさん)


【親野先生のアドバイス】
スノーさん、拝読いたしました。

私の経験をもとに推察すると、この子はとても感受性が豊かなお子さんではないかと思います。感受性が豊かで、人の気持ちや周りの状況がよくわかる子だと思います。そして、気持ちが優しくて親切で素直なのです。同じような悩みをもった子を私は何人も見ましたが、みんなそうでした。

優しくて親切で素直なので、その結果、気を使いすぎて疲れてしまったり、人に譲ることが多くなったりするのです。親としては、まず、この辺の事情を頭に入れておいてほしいと思います。これは、そもそも、人間としてとてもすばらしい資質なのです。人間にとって一番大事なものなのです。

無神経で、人の気持ちや状況への気配りがないというのでは、それこそ困ります。人の気持ちを大切にしないで、自己中心的な言動が目立つというのも困ります。ご相談の子の場合、そういうことはあり得ません。こういうすばらしい資質を大切にしてやってほしいと思います。

でも、現状ではいろいろと気苦労や悩みが多いと思います。これから思春期を迎える年代なので、よけいにそうだと思います。では、これから親として大切なことはなんでしょうか? 私は、まず大切なのは、子どもがストレスをためこまないようにしてやることだと思います。

というのも、こういう子は自分のストレスをためこむ傾向があるからです。ですから、家では、ぜひリラックスできるようにしてやってください。家でたっぷりくつろげれば、また外でがんばることもできます。

そして、たくさん話を聞いてやってください。どんな話でも、受容的に聞いてやることが大切です。受容的に聞いてもらえると、人はそれだけで心が軽くなり元気が出てくるものです。
 ↓↓↓↓↓
つづく

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP