今週の相談
 
小学6年生の息子が、社会見学で、4〜5人の班で行動しているときのことです。時間が迫り、急いでエレベータを降りようとしたとき、「ほかのお客さんに後ろのリュックがあたるから」と息子が友達を静止すると、「バカにされた」と言ったそうです。自分は正しいことをしているのに、周りの友達は、優等生のようなバカにした言い方が嫌らしいと言っています。聞いている私は、息子がちゃんとした考えをもっていることがうれしい反面、なんだか悲しくなるような話で、どうアドバイスをすればよいかわからず困っています。(さくらさん)

【親野先生のアドバイス】
さくらさん、拝読いたしました。

「自分は正しいことをしているのに、周りの友達は、優等生のようなバカにした言い方が嫌らしいと言っています」

このような状態はつらいものですね。お子さんは、かなりのストレスを感じているはずです。なんといっても、子どもにとって、人間関係がうまくいかないことは、一番のストレスになるのです。こういう場合に、とりあえず、親がすぐにできることは、たっぷりと話を聞いてやることです。たっぷりと話を聞いてやることで、かなり気持ちがすっきりするものです。それほど深刻でない場合は、こうやっているうちに、解決していくこともあります。

もし子どもアドバイスをするとしたら、注意するときの言い方をうまく言うように教えてやるといいと思います。相手が気持ちよく受け入れてくれるような言い方が必要だということを、教えてやってください。

ところで、いくつか気になることがあります。それは、もしかしたら、お子さんが、今あまり友達との人間関係がうまくいっていないのかもしれないということです。お子さんの話をよく聞いてやって、そのようなことがないかどうか探ってみてください。

そして、もしかしたら、お子さんに人間関係をそつなくやっていくうまさがまだ備わっていないということも考えられます。

私は、ご相談の文面から読みとれることだけをもとにして考えていますので、まったく見当違いのことを言っているのかもしれません。もしそうだとしたら、お許しください。でも、一応考えられることではありますので、書いていきたいと思います。

どんな年齢の集団にも、それなりに、本音と建て前の部分というものがあります。たとえば小学校で「休み時間は教室で騒いだり遊んだりしないように」と先生に言われたとします。たいていの子は、それを適度な程度に守ります。

仮にパーセントで言うとしたら、平均して70〜80パーセントくらい守るわけです。なかには、60パーセントの子も90パーセントの子もいますが……。つまり、それほど大騒ぎをしたり外遊びのような遊びはしないまでも、少しくらい騒いだり遊んだりはするわけです。

でも、ときどき、先生の話を四角四面にきっちり守ろうとする子がいます。つまり、99から100パーセント守ろうとする子です。

そして、ほかの子たちに、「休み時間は教室で騒いじゃいけないんだよ」と言って注意します。ことあるごとにそれを繰り返しているうちに、だんだんほかの子から避けられるようになっていきます。

もしかしたら、ご相談のお子さんはこれに当てはまるのかもしれません。まったくそうではないということでしたらいいのですが、もし少しでもお心当たりがあるようでしたら、それなりの対応が必要になります。
 ↓↓↓↓↓
つづく

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP