日ごろ、お子さんの習い事についての悩みはいろいろと尽きませんね。そんななか、よく耳にするのが“習い事を次々とコロコロ変えるとやめグセがつくからよくない”という話。でも、これって本当なのでしょうか?

「“やめグセがつく”なんていうことは、まったく気にする必要ありません。そもそも、“やめグセがつくからやめさせない”というのは本末転倒ですよね。お子さんの気持ちはどこへいってしまっているのでしょうか? 嫌々やっている習い事を無理に続けるのは子どもにとってつらいことです。なかなか進歩は難しいですし、嫌々な時期が長く続くことは精神衛生上もよくありません。こういったリスクがあることも考えに入れておけなければなりません」

そう話すのは、教育評論家の親野智可等先生。習い事選びというのは、それほど難しいという。

●やってみないとわからない、習い事と子の相性

「習い事というのは、一種の賭けなのです。始めた習い事が必ずその子に向いているかどうかなんてわかりませんね。お子さんが“やりたい!”と言ってはじめても、いざやってみたら“あれ?”っていうことってあります。それは、大人だってあることじゃないですか? つまり、やってみないとわからないものなのです」

それにもかかわらず、「あなたがやりたがって始めたのだから」「1年はやる約束でしょ!」と、無理に続けさせてしまう親御さんが多いそう。

 「私は、やってみて子どもが楽しめない、好きじゃない、向いてないならばすっぱりやめて、どんどん違った習い事をやってみればいいと思います。実際に、10個も習い事をかえて11個目に本当にやりたい事に出会えた子もいますから。何個やめたとしても、次にぴったりはまるものにぶつかれば、親が“やめろ!”と言ってもやめません。”やめグセ”などというのは迷信に過ぎません」

↓↓↓↓↓
つづく(ママテナ)

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP