今週の相談
 
いつも一緒に学校から帰ってくるAちゃんが、Bちゃんと一緒に遊ぶ日にはうちの子どもはひとりで帰宅しています(週に1回程度)。
2学期になり、うちの子どもがAちゃんに「一緒に帰ろう」と言っても、「Bちゃんがいやがるから帰れない」と言うそうです。
Bちゃんと遊ばない日には、Aちゃんから「一緒に帰ろう」と言うらしいです。
その日によってAちゃんの態度が変わることで本人はかなり傷ついているようです。
この前は、「学校なんかきらいだ」と言っていました。
このままでは本人が精神的にまいってしまうのではないかと思います。
「Aちゃんはこのごろどう?」と話を聞いて、「一緒に帰ってこなかったのはさびしかったね」「その時どきで対応が変わるのはよくないことだね。なぜだろうね」と言ったり、「自分がそのようにされて初めていやな気持ちとかがわかるからAちゃんやBちゃんもそんなふうにされたら○○ちゃんの気持ちがわかるかもしれないね」と言っています。
最近は、「一緒に帰ろうって言ってごらんよ」「そのときだけ一緒ではないのだったら、休み時間は違うお友達と遊んだりしたら?」と言って見守っていますが、いったいどうすればいいのかわかりません。
いつかはみんなで仲良く帰ってこられるようになるものなのでしょうか?
「女の子は特に難しい」とうちの子どもより年齢が大きい女の子のお母さんが言っておられました。(みみりんままさん)

【親野先生のアドバイス】
みみりんままさん、拝読いたしました。

私は、似たようなケースを何度か指導したことがあります。その場合、最初に、それぞれ3人の子に別々に話を聞きます。その後で、3人一緒のところで、お互いの言いたいことを言わせます。ほかの子や親御さんに話を聞くこともあります。

それによって、何か特定の理由が見つかることもあります。例えば、ちょっとした誤解があって、ある子が別の子を避けていたというような場合です。その場合は、1度の話し合いで解決します。

でも、そのようにはっきりしないときもあります。なんとなくウマが合わないとか、話が合わないとか、一緒にいても楽しくないというような場合です。どちらかというと、こちらの方が多いと思います。

いずれにしても、いろいろと情報を集めることが大切です。これは、いつも私が言うことですが、とても大切なので何度でも言いたいと思います。正しい情報があって、初めて作戦が立てられるのです。

まず、お子さんの言うことをメモしておくといいのではないでしょうか。メモがたまって事例が集まってくると、そこからわかってくることもあるからです。

AちゃんやBちゃんの気持ちを直接聞く機会があればいいですね。無理なら、AちゃんやBちゃんの親御さんに聞くというのもいいのではないでしょうか。彼女たちが自分の親に言っていることを知ることができれば、大きな手がかりになるはずです。
↓↓↓↓↓
つづく

今日のアマゾンを見てみる

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP