読解力とは文章を読んで理解する力のことです。
そして、現在、この読解力を高めることが非常に重要視されています。

というのも、読解力は全ての教科の基礎であり、読解力のあるなしが学力に大きな影響を及ぼすからです。


みなさんもなんとなく感じていることだと思いますが、勉強ができる子はみな読解力が高い子です。
読解力がないけど勉強ができるという子はいないのです。

どの教科の勉強も文章を媒介として成り立つものであり、どの教科書にも文章が溢れています。
そして、それらの文章を読んで理解することがどの教科の授業やテストでも大きな比重を占めています。

たとえ先生が口頭で説明している場合でも、それは音声による文章であり、それを理解する力は読解力以外の何ものでもありません。

例えば、国語の授業の大半は物語文や説明文の読解に費やされます。
国語のテストや入学試験においても、読解力を調べる問題が大半を占めています。
得点の差が開くのも読解問題の出来不出来によるところが大きいのです。

小学校で行われる国語のテストでは、約70パーセントが読解の問題です。
国語についてはそれも当然のことであり、みなさんもよく知っているはずです。

でも、それ以外の教科においても読解力は授業やテストで大きな比重を占めているのです。

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP