●質問

押しの強い子に逆らえない我が子が情けないと思う。
嫌なことは嫌と言うように言い聞かせているつもりですが……。

●回答

決して「もっとしっかりしなさい」などと、きつい口調で注意しないことです。
感情の行き場を失い、そのうち親にすら事情を話さなくなります。

まずは「それは嫌だね」と、子どもの話を共感しながら聞いてあげてください。
親が自分の味方だと分かると、多くを打ち明けてくれます。
話すことで、子どもはストレス発散になり、親もどんな状況かよく見えてきます。

「〜なので、気をつけて見てほしい」などと、先生に依頼するのも解決策の一つ。
助けてもらえるよう何人かのクラスメートに声を掛けるのもいいでしょう。

また、親が相手の子の役をやり、臨機応変に切り返す練習をさせると効果的です。
親が切り返し方の手本を見せてからやらせるのもいいですね。
実際に声に出してみると実行につながります。

子どもに自信を持たせることも大事。
昆虫好きなら、一緒に虫取りに出かけたり、昆虫図鑑を買い与えたりしましょう。
得意分野を持つと自分に自信がつき、気持ちも強くなります。

初出「子育てお悩み相談室」(朝日新聞)


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP