●大事なのは、図鑑の置き場所


図鑑を買ったのに、子どもがなかなか使わないという声を聞くこともあります。
子どもが図鑑をどんどん使うようにするには、どうしたらいいでしょうか?

まず、大事なのは図鑑の置き場所です。

これは手に取りやすいところに置くのが鉄則です。

ガラス戸がついた立派な本棚にしまい込んでしまうと使わなくなります。
出すのにひと苦労するほど、きちきちに詰めて並べておくのもやめましょう。
これでは「図鑑を使うな」と言っているようなものです。


●図鑑は親子で一緒に過ごすリビングへ


置き場所は、子どもが日常よく使う空間にしましょう。
多くの時間を過ごすリビングなどがいいでしょう。

リビングにはテレビもあり家族も集まりますので、テレビで見たことや家族との話に出てきたことをすぐ調べることができます。

親子で一緒に図鑑を調べたり、それについておしゃべりしたりすることできるのもいいですね。

また、図鑑をいちいち棚などにしまわせると使わなくなりますので、テーブルなどに出しっぱなしでいいと思います。

あるいは、夜は棚に片づけて朝になったら出すとか、子どもが学校から帰ってきたら出すなどの方法もあります。

そして、出した図鑑は閉じておくのではなく、どこか面白そうなページを敢えて開いておくのもいいでしょう。

図鑑のカバーは取り外しておきましょう。
カバーをつけたままだと、使っているときにずれてきて、使いにくくなります。

親が図鑑を見て楽しんでいる姿を子どもに見せると、子どももつられて図鑑を開きたくなります。

また、親が「見て、見て、これすごいねえ」と言いながら、面白いページを見せてあげるのもいいですね。
親が読んだことを、自分の感想を交えて話してあげるのも効果的です。


つづく
http://zukan.gakken.jp/special/sp-01-2.html

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP