片づけが苦手な子には、親がワンタッチ収納の工夫とラベリングをしてあげてください。
ワンタッチにして余分な手間をなくせば、多少なりとも片づけが楽になります。

ラベリングとは、箱や棚に「ブロック」「積み木」「人形」などと入れる物を明示しておくことです。

「ブロック」と書いてる箱に積み木は入れにくいものなので、同じ物は一緒に集めて片づけるという習慣がつきます。

この2つによって片づけにかかる時間が短くなります。
10分かかっていたものが5分でできるようになれば。やる気もわいてきます。

「片づけができない」と嘆く割には、親にできることをしていないことが多いと思います。
何事にも言えることですが、嘆いたり叱ったりしている間に合理的な工夫をして、やりやすくしてあげたほうがいいと思います。

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP