「この頃お兄ちゃんが弟を泣かせて困る」というとき、たいていの親は「お兄ちゃんらしくしなきゃだめでしょ」とか「なんでそんなに意地悪なの?」などという言い方で叱ってしまいます。


でも、このような言い方は全くの逆効果です。

言われた方は「お母さんは弟の味方ばかりしている」と感じてしまいます。

 

また、「意地悪」という言葉をつかうと「どうせぼくは意地悪なお兄ちゃんだよ」という否定的な自己イメージを持たせることになってしまいます。

 

「兄弟仲をよくしたい」と思ったら、兄弟仲についてほめるところから始めることが大切です。

 

例えば、外出するときお兄ちゃんが弟の靴を出してくれたら、「ありがとう。お兄ちゃん優しいね」とほめます。

これならよい自己イメージが持てるようになります。

 

親が「ほめるところから始めよう」と意識していれば、機会はいくらでも見つかります。

意識していないとせっかくの機会を見逃してしまい、叱るところから始めることになります。

 

これは何事においても言えることで、日頃から叱ることの多い親は、ほめる機会を見逃しているのです。

そのことを自覚して、よい芽を見つけるよい眼を持ってください。

 

さて、この他にも、兄弟が仲よく写っている写真を飾っておくのもオススメです。

例えば、二人で一緒に遊んでいる、笑顔で肩を組んでいる、などの写真を目につくところに何枚か貼っておくといいでしょう。

 

人間は無意識のうちに情報を集めていて、さらに無意識のうちに意味づけているそうです。

つまり、こういう写真を見るともなく見ているうちに、子どもの心の中で「ぼくたち仲がいいんだ」「弟はかわいいな」「いい兄弟なんだ」という認識が育ってくるのです。

 

なんといっても証拠の写真があります。

写真が無言のメッセージを発し続けて、兄弟仲についてのよいイメージを持たせてくれます。

つまり、これは写真を使ってほめているのと同じことなのです。

 

初出『聖教新聞』(2012年3月23日から連載)

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP