漢字の勉強といえば、書き取りが頭に浮かぶと思います。

もちろんこれは効果のある勉強法ですが、かなり単調なので、それだけやらせていると漢字の勉強が嫌いになってしまうこともあります。

そこで、書き取りと平行して、漢字の面白さを味わえる方法を工夫する必要があります。

たとえば、漢字カルタ、漢字クイズ、漢字パズル、漢字しりとり、漢字の塗り絵、漢字の学習マンガ、漢字の絵本などです。
つまり、漢字を楽しむという発想が大切なのです。

このように、楽しみながら勉強する方法を私は”楽勉”と呼んでいます。
いろいろなアプローチで漢字に親しむことで、「漢字って面白い」と思えるようにしてあげてください。

スマホのアプリやDSなど、楽しみながら漢字を学べるツールも活用するといいと思います。
目先が変わることで、子どもの意欲を掻き立てることができます。
中には、紙と鉛筆の書き取りはすごく苦手だけど電子器機で漢字を覚えた、という子もいます。

ところで、漢字の勉強をしているときに叱られることが多いと、子どもは「漢字はつまらない。漢字はイヤ」思うようになってしまいます。
本当は叱られるのが苦痛でイヤなのですが、「漢字はイヤ」と思うようになってしまうのです。

ですから、否定的に叱ることは避け、ほめることを増やしましょう。
漢字を勉強しているときにほめられると、「漢字って楽しい。漢字が好き」と思えるようになります。

なお、ディスレクシアなどの学習障害で読み書きの学習自体がかなり難しい子もいます。
この場合、怠けているわけではないのに、書き取りは非常に苦手で漢字も覚えられません。

そういった子をいたずらに苦しめることのないように、そしてその子に応じたサポートができるように、学習障害についての知識を得ておくことも必要です。
初出『Smile1』(学研エデュケーショナル)

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP