全ての勉強の基礎になるのが国語の力です。
でも、その肝心な国語が苦手で困るという話を、親からも先生からもよく聞きます。

国語の力をつけるのに一番いいのは何と言っても読書です。
読書の効用はいろいろありますが、まず挙げたいのは漢字が読めるようになることです。

子どもが読む本はほとんどの漢字に振り仮名がついているので、何度も目にしているうちに自然に漢字が読めるようになるのです。

漢字が読めるようになると、教科書や振り仮名のない本もすらすら読んで理解できるようになります。
つまり、読解力が上がるのです。

漢字が読めないと読解力も上がりませんし、国語だけでなくどの教科の教科書も理解するのが難しくなります。
読める漢字の量が、国語はもとより全ての教科の学力を決めるといっても過言ではないのです。

読書の効用の2つめは、いろいろな言葉や概念を知ることができることです。
本の中には、日常生活では使わない難しい言葉や抽象的な概念がたくさん出てきます。

例えば、「経済状況」「類推」「時代背景」「時間軸」などです。
これらの言葉や概念を知っていると、高学年以降の勉強で大いに役立ちます。

3つめの効用は情報や知識が増えることです。
本には大量の情報や知識が詰まっていますから、1冊読み終われば情報や知識の量が格段に増えます。

しかも、普段の会話やテレビでは得られないような内容が身に付くのです。
これらの大量の情報や知識が学年が上がるに連れて学力に反映されてきます。

私の経験ですと、日常的に読書をしている子は、学年が上がるに連れて尻上がりに学力が伸びていきます。
中学や高校、あるいはその後で、蓄積したきたものが花開いて一気に伸びる子がいます。

初出『Smile1』(学研エデュケーショナル)

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP