私の受け持つクラスでは、必ず、毎年あやとりに取り組みます。
1年生でも6年生でも、必ずやります。

最初は何もできない子が、やっているうちにどんどん覚えていきます。

なぜ必ずやるかといえば、あやとりには、驚くほど多様な教育的効果があるからです。

(1)様々な技ができるようになることで、達成感を味わうことができます。
   そこに向上の喜びがあり、またそれが自身につながり、自己有能感を養うことが
   できるのです。
   技ができるようになったときの喜びは、鉄棒や縄跳びでのそれと同じです。
   三年前、三年生で教えた子の母親が、あのころ夢中になったけん玉やあやとりが
   六年生の今も子供の財産になっていると言ってくれました。

(2)技の習得に向けて努力することで努力の大切さを知ると同時に、集中力を養うこ
   とができます。
   こつこつと取り組む子、夢中になって一日中練習する子などが出てきます。
   そのような努力の経験は、必ず他のことにも波及するものです。

(3)手先が器用になり、脳の発達を促します。
   特に右脳に良い影響があります。
   自分も四段ばしごがなかなか覚えられませんでした。 
   覚えたと思ってもすぐ忘れるということを繰り返していました。 
   その時はいわゆる頭で覚えている状態で、この次は親指でこれを取って・・・と
   考えながらやっているのです。
   これは、左脳で覚えているのです。 
   ですが、それでもしつこくやっていると、だんだん体で覚えているという状態に
   移行していきます。 
   これが、右脳で覚えている状態です。
   気を付けて自分の状態を観察していると、その移行の過程が何となく分かりま
   す。
   スイッチが切り替わったな、と分かることがあるのです。
   右脳は使うことでのみ活性化され発達させることができるので、自分のためにも
   あやとりを続けて行きたいと考えています。

(4)二人あやとりで一緒に遊んだり、技を教え、また教わったりする中で、人間関係
   に良い影響があります 。
   子供同士で仲良くあやとりをやっている姿は、まことにほほえましいものです。
   特に高学年の男の子と女の子が二人あやとりを一緒にやったり、技を教えあった
   りする姿は、とてもうれしいものです。
   親子でやれば、親子の情愛が深まります。
   お年寄りとやれば、おじいちゃん、おばあちゃんへの情愛が深まります。
(5)あやとりは日本の伝統的な遊びであるばかりでなく、全世界的な広がりを持つも
   のでもあります。
   ですから、国際理解教育の観点からも有望です。
   オーストラリアから来たALTが日本の二人あやとりとほとんど同じ技を子供の
   頃やったことがあると分かって、彼女も私も共に驚いたことがあります。
   その後、一緒にあやとりをやり、楽しい一時を過ごすことができました。
(6)勉強や運動が苦手な子でも、こつこつやれば、必ず上達することができます。
   ですから、いつもあまりぱっとしない子が輝くという、逆転現象が起こる可能性
   が高いのです。
   一昨年受け持った子で、そういう子がいました。
   最初の覚えは遅かったのですが、じっくり続けている内にだんだんうまくなり、
   半年後にはクラスでトップレベルになっていました。
   他の子に技を教える姿は、とても誇らしげでした。


何年か前に、テレビであやとりの天才少女を見ました。
次から次へとあやとりの技を繰り出す少女の姿を、ご覧になった方も多いと思います。
その子の姿は、喜びと自信に溢れていました。

もし、その時の脳の状態を特殊なカメラで撮影したなら、活発に働く脳の様子が確認で
きたはずです。
そのように活発に働く脳の状態は、脳の発達と活性化に大きく貢献します。
それが、勉強も含むいろいろな面に、多大な好影響をもたらすのです。

そして、何よりも、あやとりによって養われた自分への自信と信頼がこの子にとって最
大の宝物です。
きっとこの子はいろいろなことに自信を持って前向きに取り組める子だろうなと、私は
思いました。

あやとりには特別な才能は必要ありませんので、親力によってこの子のようなあやとり
天才少女、あやとり天才少年を生み出すのは、それほど難しいことではありません。

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP