文章を書く力を付けてやりたいとお考えなら、親子日記をぜひお薦めします。
これは、私が実際に受け持った小学1年生のAさん親子から教わった方法です。

Aさんとお父さんが親子日記を始めたのは、幼稚園の年長の時だそうです。
お父さんの帰りが遅くて、あまりAさんと話ができないということで、始めたそうです。

やり方はとても簡単です。
ごく普通の大学ノートに、まずAさんが日記を書きます。
日記といっても、最初の頃ははわずかに1行でした。
例えば、「きょう、○○さんとあそんだよ。」と書きます。
お母さんに字を教わりながら書くのです。

そして、お父さんが帰ってきて、返事を書きます。
例えば、「○○さんとなかがいいんだね。」と書きます。

父と娘の親子日記は、このような感じで始まりました。
そして、毎日続けている内に、当然のことながら、段々長く詳しくかけるようになっていきました。
1年後には、Aさんは大学ノート1ページくらいは楽々書けるようになりました。
そして、小学校に入学してきたのです。

もちろん、Aさんの文章を書く力はクラスの中で抜群です。
授業や宿題で日記を書くときも、大張り切りの大喜びです。
作文や感想文もどんどん書けます。
スピーチにしても同様です。
したことや様子や気持ちをどんどん話すことができます。

Aさんは、毎日、お父さん宛に日記を書く中でいろいろな力を身につけてきたのです。
まず、日記を書いてお父さんに伝えたいという目的があるので、文字をどんどん覚えました。
お父さんに伝えるために、自分のしたことやその時の様子や気持ちを書けるようになりました。

書いてないことはお父さんが返事の中で質問してくるので、どんなことを書けばよいのか段々分かってきました。

そして、一番大切なことはこれらのことを楽しみながらやってきているということです。
これに関して、苦労したとか負担になったなどということは一切ありません。
何の苦労もなく楽しみながら、Aさんは書く力を身につけてきたのです。
しかも、お父さんとの心の絆を強めながらです。

早期教育については賛否がいろいろありますが、私は子供が楽しみながらやれるか、負担にならないか、弊害がないかなどを考慮した上で、積極的にやるべきだと考えています。
このAさんの例などは、とてもよい例だと考えます。
成果ばかりで、何一つ問題はありません。

ただし、これを我が子に応用するときには、我が子の様子をよく見ながら進めることが肝要だと思います。
Aさんにとってはとても良いものでしたが、B君にとってもそうなるとは限らないからです。
もしかしたら、B君にとっては、毎日の日記の1行が苦痛の種になってしまうかもしれません。
そうなったら、やめた方がよいでしょう。

それを強行する人がいるので、早期教育への批判が出てくるのです。

早期教育は、うまくいけば大きな成果を得られます。
ただし、それがうまくいくのは、子供が楽しみながら、負担に感じないで、何の弊害もなくやれる場合だけです。

Aさんにとっては良くてもB君にとっては良くない、ということもあります。
子供の様子をよく見ながら、進めることが大切です。

以上のことを頭に入れた上で、ぜひ親子日記に取り組んでみてください。


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP