今から書くことは、私が学校でやっている練習方法です。
親子でプールに行ったときなどにも、やってみると良いと思います。

段階を踏んでやれば、どの子も確実に上達します。

なお、やる際には、子供の実態を良く理解し、その子に合わせてやってください。
様子を見ながら、段階を踏んで、少しずつ進むように心がけることが大切です。
絶対に、無理なことをやらせてはいけません。
無理にやらせると、恐怖心を持ったり、自分の能力に自信をなくしてしまったりします。

特に、子供の足が立たないようなところではやらないでください。
それは、子供に恐怖心を植え付けるだけです。
一度怖い目に遭わせてしまうと、その恐怖心を取り除くのはなかなか大変です。
子供の足の立つ深さのところで、安心して楽しくやれるようにする方が上達も早いのです。

水に顔をつけられるようになれば、次は、小プールで次のような遊びでプールに慣れるようにしてやります。

伏せ面、碁石拾い、水中じゃんけん、潜りっこ競争、両手を持ってのバタ足、などです。
伏せ面というのは、プールサイドに両手をかけたまま顔を水につけることです。
もちろん、子供の足はプールの底についたままです。
慣れてくれば、プールサイドの代わりに大人の両手に子供の両手を載せるようにします。

このような遊びで、プールに慣れてきたら、次は、いよいよ水に浮く練習です。
浮く練習は、だるま浮き、くらげ浮き、鉛筆浮きと進めます。

だるま浮きのやり方はこうです。
息をたっぷり吸って、潜り、あごをしめて、両膝を両手で軽く抱えます。
すると、自然に浮き上がってきます。
その時、あごが上がっているとうまく浮きません。
へそを見てごらんというと、自然にあごをしめる形になります。

また、両手に力を入れ強く膝を抱えてしまうと、うまくいきません。
ですから、軽く抱えるように指示します。
子供がだるま浮きをしているときには、「浮いてる、浮いてる。」などと言って、大いに励ましてやってください。
とにかく、コツは褒めまくることです。
そして、3秒浮いていることを目指します。
できたら、5秒、7秒と進めて、10秒を目標にします。

次はくらげ浮きのやり方です。
だるま浮きで浮き上がったら、膝を抱えていた両手を離します。
そして、くらげのように両手両足をダラ~ンとさせます。
力を抜いて、水に浮かぶようにします。
そして、だんだん手と足を水面に近づけても浮けるようにしていきます。
そうすれば、次の鉛筆浮きに簡単に進めます。

ところで、くらげ浮きができた段階で、今度は上手な立ち方を練習する必要があります。
上手な立ち方とは、次のような立ち方です。
手と足を水面に近づけて浮いている姿勢から、まず両手をグッと下げ、水を押さえるようにします。
同時に、両足を曲げて胸の方に引き寄せるのです。
そうすれば、後は足を下ろすだけです。
こうすれば、すぐに体が起きあがり楽に立つことができます。

この上手な立ち方は、必ず教えてください。
これを知らないと、なかなか足が底につかないので焦ってしまったり、バタバタと余分な動きをしたりしてしまいます。
上手に立てるようになると、安心して練習ができるようになります。
この事実はあまり知られていませんが、とても大切です。

次は鉛筆浮きのやり方です。
くらげ浮きでだんだん水面に近づけてきた手と足を、水面すれすれの所に置きます。
そして、両手の平は重ね合わせて、両足は閉じてくっつけます。
「鉛筆のように真っ直ぐになろう」と言えば、子供にはよく伝わります。

ただし、力まないようにすることが大切です。
「力を抜いて、柔らかくて真っ直ぐな鉛筆になろう」と言うと、力んでいた子も力が抜けます。
見ていると面白いくらいに、効き目があります。
子供に指示するときは、このようなイメージ語がとても有効です。

ところで、この鉛筆浮きは、この後の蹴伸びやばた足の元になる基本姿勢です。
鉛筆浮きの姿勢をさせて、その横に大人が立ち、進行方向に押してやればそれだけで3メートルは進みます。
それで、「すごい、もう3メートルも泳げたね。」と言ってやれば、子供は大喜びです。
自分はもう泳げるという気持ちになってきます。
この自信が大事です。

そして、これを何回もやってやれば、水の中をスーッと進む感覚が分かってきます。
これが、その次の、蹴伸びの練習に役立つのです。
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP