親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

教育評論家。本名 杉山 桂一。
長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。具体的ですぐできるアイデアが多いと評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアで絶賛される。
また、子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。読者数も4万5千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。
『「叱らない」しつけ』(PHP文庫)などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても著名。ブログ「親力講座」も毎日更新。
全国各地の小・中・高等学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会、先生や保育士の研修会でも大人気。
講演依頼とメルマガ登録はHPから http://www.oyaryoku.jp
インスタグラム始めました https://www.instagram.com/oyanochikara


【質問】

仕事の関係で、これから祖父母に子どもたちを預ける機会が増えそうです。
何か気をつけることはありますか?


心配なのは祖父母に甘やかされて、わがままになるのではないかということです。
お菓子の与えすぎなども気になります。

カーソルママさん (2歳児と年少女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


お正月に子どもたちが一番楽しみにしているお年玉だが、むやみに与えるだけでは意味がない。
このときこそ絶好の金銭教育の機会だ。
続きを読む


●漫画やキャラクター本でもOK とっかかりはハードルを低くして


「うちの子、本を全然読まなくて……」
「お友達は分厚い物語をスラスラ読んでいるのに、うちの子は漫画ばかり読んでいて……」
「子どもが本を読まない」と嘆いている親御さんは少なくありません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


「兄弟の仲が悪い。もっと仲よくさせたい」と思ったとき、ほとんどの親は叱るところから始めてしまいます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


人間の幸福感に強い影響を与えるのは、所得や学歴ではなく、「自己決定」の度合いだということが明らかになりました。
神戸大学の西村和雄特命教授と同志社大学の八木匡教授の研究で明らかになりました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子どもたちの中には、「文」と「文章」の違いがよくわかっていない子がいます。
というか、大人でも混同している人がけっこういます。
ここで説明しますので、お子さんにも教えてあげてください。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


みなさん、こんにちは。
親野智可等です。
ツイッターを始めました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


親野智可等の講演を聞いてくださった方から、感想をいただきました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


東京在住の山崎さん(仮名)に聞いた話。
山崎さんの仕事は化粧品の営業です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



教師をしていたとき、子どもたちから年賀状をもらうのが楽しみでした。 
返事を書くのはけっこうたいへんですが、もらうのは本当にうれしいです。

 
その時々の教え子だけでなく、以前の教え子からもいろいろな年賀状をもらいました。

 
すごくおとなしい子で、ほとんど教室ではしゃべらなかった子が、数年してから年賀状をくれたことがありました。


そこには、先生がいろいろ話しかけてくれてうれしかったと書かれていて、私は胸が熱くなりました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


ある企業の幹部が、「最近の新入社員は幼稚化している。未熟で手がかかる。子どもっぽ
くて自立していない」と嘆いているのを聞きました。続きを読む


下手でもいいから手書きの部分を大切に
 
 
今年も終わりが近づき、そろそろ年賀状を書く時期が迫ってきた。

 
最近は住所も文面も印刷ですませてしまう家庭が多いようだが、もらう方はあまり面白くない。
教え子から手書きの年賀状をもらうと教師として本当にうれしい。
続きを読む

●「お尋ね形」にするだけで受け入れられやすくなる



相手に何かを頼むときは、ちょっとした言葉づかいで結果が違ってきます。
たとえば、大人同士が仕事のメールで相手に何かを頼む場合、「○○してください」と書くと、一方的で押しつけがましい感じになります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




子どもが幼稚園や保育園のときは読み聞かせをしていたけど、1年生になった頃から読み聞かせをしなくなってしまった、という話をときどき聞きます。

 
私が1年生を受け持ったときも、懇談会でこの話題が出ました。 
お母さんたちの話を聞いていると理由はいろいろあるようです。

 
・小学校の勉強が始まって宿題が出るようになった 
・家庭で通信教材を始めてやることが増えた 
・習い事や塾で忙しくなった 
・親の仕事が忙しくなった 
・何か知らないけど、やたらに追いまくられている感じがしている
続きを読む


北海道胆振東部地震復興支援のため
親野智可等の特別講演会をおこないます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



わが子の写真を家庭に飾ると、子どもは「自分は両親に愛されている」と感じ、自己肯定感が高まる━。


こんな考えを基に、子育て世帯に写真の活用を呼び掛ける取り組みが始まっている。


叱ることが多く、子どもをほめる機会がなかなかないという親も多いが、思い出のワンシーンを飾ると、大切に思っている気持ちを伝えられるという。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


みなさん、こんにちは。
親野智可等です。
あなたの親力の自己診断をしてみてください。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


【質問】


「7歳の子どもに、サンタクロースは本当にいるの?」と聞かれます。
なんと答えたらいいでしょうか?


「いるよ」と言って夢を見続けさせる?
「いないよ」と真実を教える?
「ママにもわからない」と言ってごまかす?


何歳頃まで信じさせてあげればいいのでしょうか?


減塩ママ さん(小学1年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


埼玉の森さん(仮名)の小学6年生の娘さんは、最近やたらに元気ですごく張り切っているそうです。

やりたいことがたくさんできて、あれこれ熱中しているとのことです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


「男の子は手がかかる。育てるのが大変」とよく言われます。
具体的には次のような点で大変さを感じることが多いようです。続きを読む

↑このページのトップヘ