親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

教育評論家。本名 杉山 桂一。
長年の教師経験をもとに、子育て、しつけ、親子関係、勉強法、学力向上、家庭教育について具体的に提案。メルマガ「親力で決まる子供の将来」は、具体的ですぐできるアイデアが多いと評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアが絶賛。子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。ブログ「親力講座」も月間25万PVを達成。『「叱らない」しつけ』(PHP文庫)などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても著名。

全国各地の小・中・高等学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会、先生や保育士の研修会でも大人気。講演のお問い合わせとメルマガ登録は公式HPから

公式HP: http://www.oyaryoku.jp
ブログ「親力講座」: http://oyaryoku.blog.jp
ツイッター: https://twitter.com/oyanochikara
インスタグラム: https://www.instagram.com/oyanochikara/
親力チャンネル(YouTube):
https://www.youtube.com/channel/UCUc4c_WHLviAYl-CBrCiWpw


【質問】

わが家に子どもの友達がよく遊びに来るのですが、挨拶はしないし、遊んだ後の片づけはしないし、勝手に冷蔵庫は開けるし…。
うちの子もよその家に行って同じ事をしている可能性があり、心配です。 

霜降り金星さん(小2男子)
続きを読む


●間違いの分析と対策を文章化する


学校や塾で、先生からテストの答案が返されたとき、子どもはその点数を見て一喜一憂しがちです。


そして、丸のついたところばかりを見てニヤニヤしていたりします。
もちろん、それは自然なことですが、それだけで終わってしまってはもったいないのです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


前編は、楽勉や、子どもに宿題を自分からさせるコツなどを聞きました。


● 中学受験が向いている子、高校受験のほうが向いている子


──学習時間は、最低でも学年×10分はさせたほうがいいと言われますが、本当のところどうでしょうか。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



うちの子、小学校に上がってから、ちゃんとやっていけるかしら……
何かと不安なママたちのために、お届けしてきたこのコーナー。


今回は、「勉強の習慣をつけさせるには?」「家庭学習は1日どのくらいさせればいいの?」
「中学受験は?」「習い事は?」など、お勉強に関する悩みについて、教育評論家の親野智可等さんに聞いてみました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


すっかり春めき、新1年生になった子どもたちの初々しい姿も目立つ今日この頃。


未就学児を子にもつお父さんお母さんは、「うちの子は、小学生に上がるまでにあんなに立派になれるかな?」と不安を抱えてしまうこともあるでしょう。


そこで今回、“子どもの学力を伸ばす親力”について、教育評論家の親野智可等さんにお話を伺いました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


4月は入学や進学のシーズン。
子どもたちを取り巻く環境は大きく変わります。続きを読む


即効性があるご褒美は、薬と同じで副作用が大きい。
時間がかかっても王道の歩みを


●「テストで100点取ったら1000円あげる」で子どもは張り切るが……
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



●整理整頓や片づけの上手下手は生まれつき


整理整頓や片づけが上手な人と下手な人がいます。
私は、これはほとんど生まれつきの資質だと思います。


親のしつけや指導によって、それほど変わるものではありません。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


通知表の所見に「教師は子どもに本当に寄り添っているのか」とモヤモヤする親。
一方、教師自身が葛藤を抱えているケースも。
所見はどうあるべきなのか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの子、小学校に上がってから、ちゃんとやっていけるかしら……
何かと不安なママたちのために、お届けしてきたこのコーナー。
今回は、「勉強の習慣をつけさせるには?」「家庭学習は1日どのくらいさせればいいの?」「中学受験は?」「習い事は?」など、お勉強に関する悩みについて、教育評論家の親野智可等さんに聞いてみました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


テレビで、ジャニーズのアイドル数人がおしゃべりしている場面を見たことがあります。
主にデビューする前やデビューしたてのころの思い出話でした。
だいたい次のような感じです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



子どもたちにとって4月の新年度の始まりはお正月と並んで大きな節目だ。 
新学年で何をがんばるか、新しい決意をするのにこれほどふさわしい時はない。


この時期、子どもは子どもなりに新学年への希望を持っている。
たとえ、それを口にしない子でも「今年こそ○○をやりたい」「いままでにない自分を出したい」と思っている。
続きを読む


報道によると、2019年度(2018年度に実施した)の公立学校教員採用試験の倍率は4.0倍とのことで、6年連続で低下を続けています。
特に顕著なのが東京都における小学校教員の倍率で、なんと2.7倍です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


山梨県中央市で講演をしました。
講演の後で、中央市にある豊富郷土資料館を見学しました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


山梨県中央市の社会福祉大会で講演しました。
演題は「本当に子どもを伸ばす大人とは?」です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


●小1の歩行中の死傷者数は小6の8倍

間もなく学校は春休みに入り、その後すぐに進学・進級の時期になります。
私は小学校で23年間教壇に立ってきましたが、その経験から声を大にして言いたいことがあります。
続きを読む



3月は子どもたちにとって締めくくりの月だ。
なかには卒業を迎える子たちもいるだろう。
この時期の親の役割は、子どもたちの1年間のがんばりや成長を振り返って、4月からの新学年へのやる気を育てることである。


終業式が近づくと、子どもたちは学校からいろいろなものを毎日、持ち帰る。
授業で作ったものや記録、図工の道具など、多いときは1週間ほどかけて持ち帰るほどだ。


持ち帰った作品や記録などの扱い方一つで子どものやる気を引き出すことができる。
続きを読む


●お悩み


今春から4年生になる男の子の母ですが、子どもの春休みの過ごし方で質問があります。
春休みは、ほかの休みと違って、宿題もないため、毎年、ただ家の中で、ぼんやりと過ごすことが多いんです。
どのような過ごし方をするのがよいのでしょうか。
続きを読む


●23年の教員経験で気づいた「ほめ写」の効果

今回の345のテーマは「ほめ写」。
お話を聞いたのは、教育評論家の親野智可等さん。
続きを読む

↑このページのトップヘ