親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

教育評論家。長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。読者数も4万5千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。『「親力」で決まる!』(宝島社)、などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても知られる。全国各地の小・中学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会でも大人気。講演依頼とメルマガ登録は「親力」で検索してHPから。

昔から言われる根拠のない“一人っ子神話”によって、“うちの子は一人っ子だから…”と、不安や心配を抱えたり、過度に教育熱心になってしまう親御さんは多いといいます。少子化により一人っ子も多くなっている現代。一人っ子の親が子育てで特に気をつけるべきこととは?

教育評論家の親野智可等さんは、こう話します。

続きを読む

一人っ子については、“わがまま”のみならず、よく“一人っ子は○○だから”という一人っ子あるあるがまことしやかに語られますね。でも、それってどれも本当なのでしょうか? よく言われる“一人っ子あるある”について、教育評論家の親野先生にお話を伺いました。

続きを読む

皆さんは“一人っ子”にどんなイメージを持っていますか? とかく一人っ子は、“わがまま”“自己中心的”などとネガティブに語られることが多いです。でも、それって本当なのでしょうか?

続きを読む

ある子育て雑誌の取材を受けたとき、こういう質問をされました。「子どもに読解力、記憶力、思考力、認知力、追究力、集中力、創造力の7つの力をつけたいとき、何をやらせればいいでしょうか?1つずつ挙げて解説してください」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みも中盤以降になると、生活リズムがだいぶ崩れているかもしれません。そのまま2学期に入ると、ダラダラとした生活を引きずってしまうので気をつけたいですね。夏休み中盤に、生活リズムを整える5つのポイントを、教育評論家の親野智可等先生に聞きました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
南米ボリビアでアメリカンスクール系の学校に通わせているのですが、学校からお金を持って帰ってきたり、お金を持っていっていないのに、買い食いをしてきたりすることがあります。先生の机の上から、50円程のお金を取ったり、友達のかばんからお金を取ってしまったりすることがありました。自宅では、買い食いは認めておらず、菓子等は自宅から持っていっているのですが、こちらの習慣で、幼少のころからお金を持たせて、自由に学校購買部で購入することが一般的なので、自宅とのしつけとの兼ね合いに困っています。泥棒することについては、何度も本人と話し合いをしましたが、どうしてするのかは本人にもわからないという状況です。最近は、このようなことはなくなりましたが、また突然このような問題が起こるのではないかと心配です。愛情が足りなのでは、との主人の言葉にも傷ついてしまいます。(ボリビアママさん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週の相談
 
中学2年にもなるのに、まったく勉強の習慣が身に付いていません。宿題すら、しっかりできない始末。パソコンにはいくらでも集中できるのに……。パソコンで勉強をとも思ったのですが、遊びと勉強は違うようで。なぜ勉強しなければならないのか、意味があるのかがわからないようで、私もどう説得してよいのかわかりません。(サトレン)
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の相談
 
1年生のときから、学校で大勢の子どもに悪口を言われ、からかわれ、笑われ、自分の意見はいつも認めてもらえず、非常に惨めな思いをずっとしています。ほんの数人の友達はいるものの、交友関係がそれ以上発展することもなく、子どもは絶望的な人生観をもっています。何をやってもどうせだめ、そんなの無理と最初から諦め、目標ももてず、意欲もまったくありません。疲弊しきっています。転校を考えた方がよいのでしょうか。以前はかわいいよく笑う子だったのが、今では見た目も惨めで暗い感じが漂う子になってしまいました。先生は優しく相手の子に言うのみで、効果はまったくありません。相手の親も自分の子がそんなことをしているとは信じず、娘がうそをついていると主張し、そのうそを鵜呑みにする私の教育がおかしいと非難してきます。八方塞がりです。どうしたらよいでしょう。子どもの今後の人生に大きく関わってくることなので、ぜひとも良いアドバイスをお願いします。切実です。(開け世界のごまさん)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ある子育て雑誌の取材を受けたとき、こういう質問をされました。「子どもに読解力、記憶力、思考力、認知力、追究力、集中力、創造力の7つの力をつけたいとき、何をやらせればいいでしょうか?1つずつ挙げて解説してください」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てをしていると、ついイラっとしたり、悩んだりすることもありますよね。そんな時、先達の知恵をインプットしておいたら、親として後悔しない子育てができるかもしれません。そこで、子育てに役立つことわざを教育評論家の親野智可等さんに解説をしていただきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「友達100人!」とまでは言わないものの、我が子には保育園や幼稚園、小学校で友達を作り、元気いっぱい遊びまわってほしい…というのが親の願い。でも、実際に友達ができたかどうかは親にはわかりにくく、心配になってしまうことも多そうだ。

そこで、『「友達力」で決まる!』の著者である教育評論家の親野智可等さんに、子供に友達ができたか見極める方法を教えてもらった。

続きを読む

「人に好かれるお子さんに育てたいならば、まず将来の人間間関係の基礎となる親子関係を大事にすること。たっぷり愛を注いでやることです。ただ、親御さんは“子どものため”と一生懸命愛情を注いでいるつもりが、空回りしてむしろ逆効果になってしまい、子どもが親に不信感を抱いてしまうケースは実はとても多いんです」

続きを読む

「“人に好かれる子”というのは、他者信頼感に満ちた思いやりのある子。他者信頼感に満ちた子に育てるためには、まず人間関係の第一歩となる親子関係がとても重要です。親に不信感を抱いている子は、他人にも不信感を抱いてしまい、人間関係をうまく作ることはできません」

そう話すのは、教育評論家の親野智可等先生。では、親は日々、どのように子どもに接することが大事なのでしょうか?

続きを読む

親御さんが子育てをしていくなかで、勉強、しつけ以上に心配なのがわが子の人間関係では? なぜなら、社会を生きていくなかで、人間関係なしに生きていくことはできないから。いくら能力があっても人間関係がうまくいかなければ、それを活かすこともできないのです。ならば、わが子はやっぱり好かれる子になってほしい…と思うのが親。では、友だちから好かれる子とはどんな子なのでしょうか?

続きを読む

宿題がなかなか進まないまま、夏休みも終わりが見えてきた……。宿題の山を前にして焦っている子どもは、どう挽回するとよいのでしょうか。教育評論家の親野智可等先生に聞きました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「夏休みだからといって、遊んでばかりだけれど大丈夫かしら……」という心配の声がよく聞かれます。学校のない夏休み、1日にどれくらい勉強をさせるべきかはとても気になるところでしょう。これまであまり勉強できなかった場合は、特に気がかりですよね。教育評論家の親野智可等先生にお考えを聞きました。残りの夏休みの過ごし方として参考にしてください。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

たっぷりと時間がある夏休みは、普段、子どもがやりたいのにできないことにチャレンジさせてあげましょう。

子どもが好きなことに夢中で取り組むと、たくさんの成長が得られるといいます。
教育評論家の親野智可等先生にお話を聞きました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族がいる居間で勉強する子どもが増えている。リビング学習と呼ばれ、子どもが勉強に集中しやすいと数年前から急速に広がったが、親の関わり方次第で逆効果になるケースも。新年度を前に、専門家に注意点を聞いた。 (東京新聞 寺西雅広)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「また出しっぱなし!」「宿題は?」優しい母でいたいと思う気持ちと裏腹に、思うようにならないわが子についガミガミ……家族のために日々奮闘するお母さんたちが、子育てのイライラから解放されて、もっと楽に子どもと向き合うにはどうしたらいいのでしょうか? 教育評論家・親野智可等さんに“子育てが楽になるおへそ”についてうかがいました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

入学シーズン目前ですね。学校へ通い始めたら、勉強や宿題と、子どもは今までよりも難しいことをこなさなければいけなくなります。新しいことづくめの生活の中で、勉強が苦手に感じてしまう場合も…。そんな時、親としてどうすればよいかを、教育評論家の親野智可等さんにお聞きしました。
続きを読む

↑このページのトップヘ