親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

教育評論家。長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。読者数も4万5千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。『「親力」で決まる!』(宝島社)、などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても知られる。全国各地の小・中学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会でも大人気。講演依頼とメルマガ登録は「親力」で検索してHPから。

子どもがなかなか宿題や勉強に取りかからない。毎日叱ってばかりいる。どうしたら、取り掛かりが早くなるのか?続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
子どもの教育やしつけに関して周囲から過保護だと言われます。

日中は仕事をしていますが、家に帰ってからは子どもの塾や習い事の送迎、宿題を見たり遊び相手になったりで忙しい毎日です。学校のPTA活動や地域の児童クラブなどの行事にも積極的に参加しています。父親は忙しいし両親とも同居ではないので、子どものことはほぼ一人でこなしており、子どもも私にべったりという状態で、家族や友人にも手をかけすぎていると指摘されます。私が心配性なところからもそう評価されるようです。

「このままでは子どもが自立できないのでは?」「うまく子離れできないのでは?」「子育て後に燃え尽き症候群になるのでは?」と思う時があります。でも今が子どもに手をかけてやる大切な時だとも思います。子どもとの距離をうまくとって見守る心がけはありますか?(ゆうはは さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


質問

子どもの教育やしつけに関して周囲から過保護だと言われます。

日中は仕事をしていますが、家に帰ってからは子どもの塾や習い事の送迎、宿題を見たり遊び相手になったりで忙しい毎日です。学校のPTA活動や地域の児童クラブなどの行事にも積極的に参加しています。父親は忙しいし両親とも同居ではないので、子どものことはほぼ一人でこなしており、子どもも私にべったりという状態で、家族や友人にも手をかけすぎていると指摘されます。私が心配性なところからもそう評価されるようです。

「このままでは子どもが自立できないのでは?」「うまく子離れできないのでは?」「子育て後に燃え尽き症候群になるのでは?」と思う時があります。でも今が子どもに手をかけてやる大切な時だとも思います。子どもとの距離をうまくとって見守る心がけはありますか?(ゆうはは さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「リビング学習をすると成績が上がる」と耳にして気になっているけど、具体的にどうメリットがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、なぜリビング学習が子供の成長や教育に効果があるのか、教育評論家の親野智可等さんに教えていただきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「最近は子どもを叱らない親が多い」。こういう話を聞いたことがあると思います。テレビでもラジオでも、飲み屋の教育談義でも、みんなこう言います。でも、事実はその逆です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の相談
 
いつも先生の寛大な心に感銘を受けております。今回は我が家の小4男の子の件で相談させてください。

3年の終わりころから中学受験を目標に塾に通っています。志望校も既に決まっており、学校見学をしてさらに行く気になってはいるのですが、勉強をしていても、わからないとそのままで、平気な顔で手を付けません。毎週出される問題の答え合わせは母がしていますが、「バツの所をやり直せ!」と言ってもそのまま。塾の先生も主人も私も「できなかったら次にできるように練習したら良いよ」とアドバイスしても「うん、うん」と口だけで、実際はなかなか行動に移せません。昨日も、問題の考え方を教えてあげてもあまのじゃくで言われた事をやりません。

素直に人の話を聞けないのは育て方が曲がっていたのでしょうか? もう、すっかり親もやる気がなくなってきてしまいました。中学受験しなくても高校受験はあるし絶対逃げられないのに、「めんどうくさい」と、何でも簡単に処置している我が子に対してどうしたら良いかわからなくなってしまいました。先生教えてください。(泣きたいっ子 さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


今週の相談
 
いつも先生の寛大な心に感銘を受けております。今回は我が家の小4男の子の件で相談させてください。

3年の終わりころから中学受験を目標に塾に通っています。志望校も既に決まっており、学校見学をしてさらに行く気になってはいるのですが、勉強をしていても、わからないとそのままで、平気な顔で手を付けません。毎週出される問題の答え合わせは母がしていますが、「バツの所をやり直せ!」と言ってもそのまま。塾の先生も主人も私も「できなかったら次にできるように練習したら良いよ」とアドバイスしても「うん、うん」と口だけで、実際はなかなか行動に移せません。昨日も、問題の考え方を教えてあげてもあまのじゃくで言われた事をやりません。

素直に人の話を聞けないのは育て方が曲がっていたのでしょうか? もう、すっかり親もやる気がなくなってきてしまいました。中学受験しなくても高校受験はあるし絶対逃げられないのに、「めんどうくさい」と、何でも簡単に処置している我が子に対してどうしたら良いかわからなくなってしまいました。先生教えてください。(泣きたいっ子 さん)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご家庭では、「子ども部屋」どうされていますか? 
上手に活用できていますか?

お子さま専用の部屋があっても、あまり使っていないというご家庭も多いようです。
最近の「子ども部屋」事情をチェックしながら、お子さまのご家庭での生活空間を考えてみませんか?

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の相談
 
小学1年生の娘に対して、完璧を求めてしまいます。宿題のマル付けを毎日するので、子どもがどのくらい勉強を理解しているかよく見えます。それが、前に終わっているはずの内容がわかっていなかったりすると、とてもイライラしてつい怒鳴ってしまいます。そして、課題が終わったあとも徹底的に追加の問題を出し、それがわからないと気が済まなくなります。

頭では「今日こそは怒らずに」「勉強が嫌いにならないように」と毎日思っているのですが……。この子なりのペースや個性があるのだと頭ではわかっていても、「他の子はすらすらできているんじゃないか」と思うときつくあたってしまいます。習い事でも、友達に追い越されるのが嫌で厳しく教えてしまいます。

私自身の勝手なエゴであることも、子どもによくないことも頭ではわかっていても、こんな自分をどうコントロールしていいかわからず悩んでいます。(そら さん)
続きを読む

●ネット検索で調理を工夫しましょう


前回の続きで、次の中の3について書きます。
 
1. 小食で食べる量が少なく残すことが多い
2. 食べるのに時間がかかり、時間内に食べられない
3. 苦手な食べ物がけっこうたくさんある

続きを読む

●給食でつまずく子がたくさんいます

 
子どもの悩みで意外に多いのが給食に関することです。
特に低学年では、これでつまずき、人知れず小さい胸を痛めている子が驚くほど多いのです。
給食が原因で登校渋りになる子もたくさんいます。

続きを読む

親野智可等先生に保護者の宿題への関わりについて伺いました。今回はQ&Aのかたちで、お子さまの性格やご家庭の状況に応じた実践的な方法をお伝えします。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「宿題もせず遊んでばかり」「途中で宿題を放りだして遊んでしまう」など、お子さまの宿題に関して、こんなお悩みを抱えるご家庭は多いのではないでしょうか。

でも、ちょっとした工夫で、お子さまが主体的に宿題に向かうようになることも珍しくありません。教育評論家の親野智可等先生に、お子さまの宿題と保護者の関わりについて伺いました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年にもいろいろなところに講演に出かけました。
関係のみなさま、お世話になりました。
本当にありがとうございました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●目が覚めてからの3段階


前回は主に「目が覚める」ための工夫でしたが、今回は「起きる」ための工夫です。

実は、厳密に言うと、「目が覚める」のと「起きる」のとは違います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


 後編はこちら


今週の相談


小学1年生の娘に対して、完璧を求めてしまいます。宿題のマル付けを毎日するので、子どもがどのくらい勉強を理解しているかよく見えます。それが、前に終わっているはずの内容がわかっていなかったりすると、とてもイライラしてつい怒鳴ってしまいます。そして、課題が終わったあとも徹底的に追加の問題を出し、それがわからないと気が済まなくなります。

頭では「今日こそは怒らずに」「勉強が嫌いにならないように」と毎日思っているのですが……。この子なりのペースや個性があるのだと頭ではわかっていても、「他の子はすらすらできているんじゃないか」と思うときつくあたってしまいます。習い事でも、友達に追い越されるのが嫌で厳しく教えてしまいます。

私自身の勝手なエゴであることも、子どもによくないことも頭ではわかっていても、こんな自分をどうコントロールしていいかわからず悩んでいます。(そら さん)続きを読む

●目覚まし時計を複数使う


前回お話しした、朝起きるのが苦手な子どもについて、親御さんたちから伺ったノウハウのご紹介です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●起きられなくて朝から叱られる子


私が教えたユウスケ君(仮名)という子は、毎日、朝起きるところからお母さんに叱られていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●マイペースでぼうっとしている子(前回の続きです)


お父さんは、なっちゃんにもう一つのお手伝いをやらせていました。
それは、学校から帰ってきたら、新聞の夕刊を玄関ポストからリビングにもってくるという仕事です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ