親力講座

子育て・しつけ・学力・勉強・親子関係がみるみる変わる

親野智可等・教育評論家。長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力で決まる子供の将来」を発行。読者数も4万5千人を越え、教育系メルマガとして最大規模を誇る。ブログ「親力講座」も毎日更新中。『「親力」で決まる!』(宝島社)、などベストセラー多数。人気マンガ「ドラゴン桜」の指南役としても知られる。全国各地の小・中・高等学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会、先生や保育士の研修会でも大人気。講演依頼とメルマガ登録は「親力」で検索してHPから。

●叱られるとますますやる気がなくなる


勉強や宿題に自分から取り組んで欲しい、というのは全ての親御さんたちの切なる願いです。
ところが、これができる子はとても少ないのが実状であり、どうしても親が叱ることが増えます。

続きを読む

●褒めてあげると、できるようになる


前回まで、子どもが勉強にしっかり取り組めるようにするための「合理的工夫」についてお話をしてきましたが、ここからはもう一つの「工夫」である、「言葉の工夫」についてお話したいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●小学生のうちに身につけておけば中学の学習がスムーズに


小学生でも、授業や勉強で使うプリント類がたくさんあると思います。
学年が上がるに連れて、学校から配布される資料やプリントが増えます。
それらを整理・活用する力を育てることが大切です。
同時に、テストの前の勉強としてノートを見返して復習することも大切です。

続きを読む

●これはどういう並び方?


次の漢字の並び方を見て、何か気がつくことがありますか?
春→間→問→右→有→胃→男→努

続きを読む

前回までは子どもがしっかり勉強できるようになる工夫についてお話してきました。
今回は子どもの“地頭”をよくするためにはどうしたらいいのか、といったお話をしたいと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
仕事の都合と家庭の事情で、旦那、つまり子どもたちのパパが単身赴任することになりました。初めてのことなのでいろいろ不安で、特に子どもへの影響が気になります。これから、パパと子どもたちの人間関係をうまく保っていくにはどうすればいいでしょうか? (PFすみずみ さん:小学1年生と年中の女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●勉強の締め切り時刻をホワイトボードに書く


前回まで、宿題や勉強をきちんとできるようになるための「合理的工夫」を紹介してきましたが、最後にもう一つ、スケジュール管理能力を高めるためにおすすめしたいツールを紹介したいと思います。
それは、ホワイトボードです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
  3年生の長女が年長の妹と年少の弟にキレることが多くて困っています。先日も、おやつの取り合いで下の2人を叩いて泣かせました。注意しても「いつも私ばっかり怒る」とふてくされるだけで、心に届いていないようです。私としては公平にしているつもりなのですが……。
 もっとお姉ちゃんらしく妹や弟に優しくなってほしいのですが、どう言えばいいのでしょうか? (お散歩ブーム さん:小学3年生 女子)
続きを読む

●これ、読めますか?


ある男の子が家に帰ったら、玄関に次のような張り紙があったそうです。


岡襟。気世雨野有半葉素木屋記

続きを読む



今回の相談
 
 子どもが好き嫌いが多くて心配です。料理の工夫も、できるだけのことはしていますが、毎回工夫を凝らすこともできません。先日も、「これ嫌い。食べたくない」と文句を言ったので、「それなら食べなくていい」と怒鳴ってしまいました。お互いかなりのストレスになっています。(フラッコリー さん:小学1年生女子)
続きを読む



今回の相談
 
 とても怖がりで困っています。一人で部屋にいるのを嫌がり、テレビで戦いの場面が出るとチャンネルをかえます。線香花火も怖くて持てず、無理に持たせようとすれば大泣きです。ジェットコースターどころか滑り台ものりません。こんなに怖がりでは将来が心配です。育て方に問題があったのでしょうか?(いかちゅう さん:小学3年生男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●子どもは音楽の条件反射に弱い


前回は、否定的な言葉で子どもを叱らないための、合理的工夫についてお話ししましたが、他にもまだありますのでご紹介します。
それは「音楽活用」。音楽の条件反射を活用するというものです。
あれは私が教師になって3年目のことでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●平仮名ばかりで漢字がない


みなさんが子どもの日記や作文を見たとします。
そしたら、習った漢字があまり使われてなくて平仮名ばかりだったとします。
このような場合、あなたならどのように対応しますか?
次の3つの中から、自分に近いものを選んでみてください。

続きを読む

●お悩み


5年生の男の子と2年生の女の子の母です。
だらしないお兄ちゃんへの叱り方で悩んでいます。
3年離れている妹がしっかりしているため、妹と比べて叱ってしまいます。

続きを読む



今回の相談 
 
子どもがしょっちゅう「なぜ○○なの?」「どうして○○?」と聞いてきます。できるだけ付き合うようにしているのですが、あまりにもしつこいときはイライラしてきます。(野菜サラダ さん:年少女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 お友達と遊んでいて、時々相手を押しのけたり叩(たた)いたりしてしまいます。理由はおもちゃや場所の取り合いが多いようです。どうしたら直るのでしょう? もっと厳しく叱ったほうがいいのでしょうか? このままでは、暴力的な人間になってしまうのではないかと不安です。(旅行大好き人間 さん:年中男子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで、否定的な言葉で叱ることの弊害について、3つのポイントをお話ししてきました。
では、否定的な言葉で叱らなくても済むようにするには、どうしたらいいのでしょうか。
私がオススメしたいのは「合理的な工夫」と「言葉の工夫」です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

●自分の教科書よりはるかに新鮮


小学生の教科書は、どの教科も5つか6つの出版社から出ています。
でも、子どもたちは、自分たちの教科書の他にも教科書があるということを知りません。
子どもだけでなく保護者のみなさんもあまり意識したことはないと思います。

続きを読む

子どもはなかなか勉強してくれないものです。
そもそも勉強に取りかかるのが大変ですし、やっと取り掛かったと思ってもすぐ飽きてしまうことが多いと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今回の相談
 
 子どもがミュージカルのオーディションを受けたとき、「落ち着かない。自信がない。落ちるかも」と言っていたので、「がんばって練習してきたんだから大丈夫だよ」と励ましました。そうしたら、「お母さんは私の気持ちを何もわかってくれない」と言われて、ショックでした。
 もうすぐ高校受験なのですが、子どもはまた「自信がない」と言いだすかもしれません。うまく励まして緊張をほぐすにはどうすればよいのでしょうか?(カンテラ さん:中学3年生女子)
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ